残り2日!ドイツ代表も一昨日ベルリン入りを果たしました。
んー緊張してきた!


ベルリンの街を歩いていると、あちこちにグラフィティ(スプレーの落書き)が見られます。
これはもちろんその辺の悪ガキの仕業でもあるのですが、壁をキャンバス代わりにして「芸術」を創り上げちゃう芸術家の仕業でもあるんですよね。

さて、こちらは先月頭に「タヘレス」(※注参照)という建物の裏手の空き地にいきなり完成した超巨大グラフィティ。

思わず「おーすげー・・・・」って見入っちゃいますよね?

これ、どのくらい大きいのかというと、








・・・このくらい大きいんです。
建物丸々1つですよ!
よーく見ると、ロナウドの頭あたりに人が2人います。
この人たちが「グラフィティ・アーティスト」のお二人。
これはもう落書きとは言わせませんよ!

これ、調べてみたところ、「JOGA BONITO」というNike×Googleのキャンペーンで、ポルトガル語で「美しくプレーしよう!」って意味なんですって。
美しいサッカーの祭典開幕まで残すところ2日。
あー緊張してきた、ホントに!

------------------------------------
注)タヘレス:タヘレスは芸術家がアトリエ兼アート発信地区としてかつて(旧東ベルリン)のデパートを占拠して活動している場所。W杯が終わったらこの建物についても詳しくご紹介します。

JOGA BONITOについてもっと知りたい方は・・・こちら
その他、私もコーディネーターとして参加させていただいた、現在楽天ブックスから発売中の「STARsoccer」7月号にもこのグラフィティについての詳しい記事が載っています。
サッカーや開催12都市の最新情報も満載ですので、こちらもチェックしてくださいね!