今年で2回目となる「Festival of Lights」。
去年大盛況だったため、今年は去年より長期間、10月17日~29日までの開催です。
光のフェスティバルだけあって、普通のライトアップとはちょっと違うんです。これはできれば本物を見て欲しい!

今日は20時から30分程「Heart of Univers: The Sun」をモットーにテレビ塔で花火とライトのイリュージョン・ショーがありました。
日本のあの素晴らしい花火大会に慣れていると「・・・その組み合わせで花火上げるかぁ?ちょっと色彩感覚おかしくない?」と思ったりするのですが、まぁそれはご愛嬌。
その後、ウンター・デン・リンデン→6月17日通り→ベルリン・ツォー駅の各ポイントをライトアップするため、STARWARSのライトセーバー(青)のような「光のたいまつw」を持った人物を先頭に、十数人の団体が夜のベルリンを駆け抜けていきました。
私はテレビ塔→ベルリン大聖堂→ウンター・デン・リンデン→ブランデンブルク門までしか行かなかったのですが、他に戦勝記念塔やツォー駅裏の広場もライトアップされていますのでお見逃しなく。

一瞬なんだかわかりませんが、ベルリン大聖堂です!
左と右の模様が違うの、わかりますか?この後右の模様が完全にかぶさると・・・





こんな風になります。さらに数分後にはまた違う模様でした。
右は大聖堂斜め前にあるとってもカラフルな旧博物館。

ことあるごとにいじくられるブランデンブルク門。もちろん今年も参加です。
21日の夜は17時~24時まで、このブランデンブルク門がピンクになるそうです。さらにボーデ博物館、フランス・ドーム(ジャンダルメンマルクト)、テレビ塔、ヨーロッパ・センターや多数のホテルでイベントが用意されています。詳しくはこちらをチェックしてくださいね。