これ、何だかわかりますか?
クリスマスには欠かせない菓子パン「シュトレン(Stollen)」です。
ラムや砂糖に漬けたドライフルーツやレモンの皮がたっぷり詰まったこのシュトレン、クリスマスが近づくとクリスマスマーケットやパン屋さん、さらにはスーパーでも必ず目にする定番のお菓子、なのです。
本来はアドヴェント(Advent)と呼ばれるクリスマスまでの4週間の準備期間に、シュトレンを少しずつ食べながらクリスマスを待つ、というのが正しいようですが、冬が近づくと店頭に並び始めるのが最近の傾向です。本場はドレスデン。ベルリンのクリスマスマーケットにもドレスデンから売りに来るんですよ!
ドイツの冬は寒くて未だに苦手ですが、ホットワインとシュトレンがあれば何とか乗り切れる気がする、なんだかあったか~い味です。

日本語のレシピ発見しました→こちら
日本でも通販で買えるみたいですね。
エンゲルハートさん(フランクフルトから直送)
スヴニールママンさん(なぜか「フランス」のスイーツショップ・・・)
パン屋ショパンさん(広島の天然酵母パン屋さん)
フロインドリープさん日本におけるドイツブログでご紹介した神戸の人気ドイツパン屋さん)
ん~他にもまだまだありそうですよ・・・