ついにクリスマスマーケットの時期になりました!今日27日から各地で一斉にオープンです。
基本的にドイツの町というのは中心部に教会と市庁舎があり、その周りを囲むように広場があり、その広場に市が立つのですが、大都市になるといくつか中心部が形成されます(例えば新市街/旧市街の中心)。さらにベルリンのように大きく、また東西分断の歴史を持つ街では旧東の南側の中心部の・・・なんてことになります。ということでベルリンには何と23のクリスマスマーケットが立ちます^^;
さらにベルリンのクリスマスマーケットの特徴は、クリスマスが終わっても立ち続けること^^; 
なので、ベルリンのクリスマスマーケットにいわゆる「伝統的な」クリスマスマーケットを期待するとがっかりしてしまうと思います。私自身は、クリスマス前に他の小さな都市に出かけて行って伝統的なクリスマスマーケットを楽しみ、クリスマス祝日の間や後にベルリンでクリスマスの余韻を楽しむことにしています。
「そんな23もあって、どこに行けばいいのよ?」と思う方のために、楽しめるお勧めのマーケットを少しご紹介しますね。
Gendarmenmarkt(ジャンダルメンマルクト、ミッテ) 
12月31日まで。日~木:11-22時、金・土:11-23時
Kaiser-Wilhelm-Gedaechniskirche(カイザー・ヴィルヘルム記念教会、クーダム)
1月1日まで。日~木:11-21時、金・土:11-22時、12/24:11-14時、12/31:11-16時
Opernpalais(オーパーンパレー、ウンターデンリンデン)
12月26日まで。月~木:12-21時、金:12-22時、土・日:11-22時、12/24:クローズ、12/25・26:11-21時

Potsdamer Platz(ポツダム広場)
12月26日まで。10-22時(予定)
Spandauer Altstadt(シュパンダウ旧市街)
12月23日まで。日~木:11-20時、金・土:11-21時
(ベルリンで一番伝統的なクリスマスマーケット)

ついでにこんな面白そうなマーケットも発見しました!
レズとホモのクリスマスマーケット・Winterpride(ノレンドルフ広場)
12/16~12/31まで。平日:12-21時、12/16~/22:12-22時、12/24:12-18時、12/25~/26:15-22時、12/31:12-24時
ドイツ初、今年が記念すべき第1回目。行ってみなきゃ!

写真1)ポツダム広場ショッピングモール内のあまり美しくないクリスマスツリー
写真2)ポツダム広場そりレーン隣の星(のランプ)屋さん。すべてMade in Berlinの手作りです。