ベルリナーレの各賞が昨日発表されました!

金熊賞(最優秀映画賞)
「Tu ya de hun shi(トゥヤの結婚)」(王全安監督;中国)
銀熊賞(審査員特別賞)
「El otro」(アリエル・ロッター監督;アルゼンチン・仏・独)
銀熊賞(最優秀監督賞)
ヨゼフ・シダー監督(「Beaufort」;イスラエル)
銀熊賞(最優秀女優賞)
ニナ・ホス(「Yella」;独)
銀熊賞(最優秀男優賞)
フリオ・チャベス(「El otro」)
銀熊賞(優秀芸術賞)
ザ・グッド・シェパード」の俳優陣(ロバート・デ・ニーロ監督;米)
銀熊賞(最優秀映画音楽賞)
デヴィット・マッケンジー(「Hallam Foe」;英)

また邦画ではフォーラム部門に参加していた桃井かおり監督の「無花果の顔」がアジア映画を支援するNETPAC賞に輝きました!

ベルリナーレの金熊賞は基本的に社会的な映画に贈られると言われているそう。そういえば去年の金熊賞はサラエボの現在を描いた映画「Grbavica」、一昨年は南アフリカの
「U-Carmen e-Khayelitsha」でしたね。今年の「トゥヤの結婚」は中国は内モンゴル自治省に暮らす女性トゥヤの結婚・離婚・再婚を描いたものです。内モンゴルといえば中国政府の政策による農地拡大、放牧民追放、ステップの土地劣化、砂漠化・・・と中央政府の政策vs環境・現地民の生活の対立が激しいところ。中国が経済成長二桁を記録した時期にある意味犠牲となった内モンゴルの現実が描かれているようです。
社会問題に興味がある方は劇場公開されたら是非ご覧ください!
全受賞作品はこちら