ベルリン北西、ブランデンブルク州との境にある森の中に、かつてベルリンの壁が走っていました。
森の中にある「Mauerweg(壁の道)」沿いに歩くと、かつての監視塔がそのまま保存されています。
現在はDeutscher Waldjugend(ドイツ森林保護団体青年部?)ベルリン支部の拠点となっている自然塔に遊びに行ってきました。

続きはこちら