はじめまして、Nekomと申します。この度こちらでベルリンに関する情報を書かせて頂くことになりました。ベルリンの個性的なお店情報や、ベルリンで活躍する人々を中心に発信して行こうと思います。よろしくお願いします!

 第一弾は、モードのお店が集まる旧東ミッテ地区にある「INKARMA」(www.inkarma.de)というお店をご紹介します。このお店は、北ドイツ出身のオラフが10年前から経営する、手作り製作・販売をしているアクセサリーのお店です。人通りの多いChaussee通りに面するこのお店には、毎日いろんな国からの観光客が大勢訪れます。アクセサリーの素材はシルバー、ゴールド、ステンレスと様々ですが、国によるお客様の好みの違いは、ショップ側としても面白いものだそうです。
 
 例えば今、ドイツ人にとても人気があるのが、「Origami」という指輪シリーズ。



 こちらは太めでシルバー素材の指輪ですが、製作の時点でシルバーを何重にも折り合わせることから、この名前がついたそうです。お客さんとのコミュニケーションを大事にしたいので、お店に値段表示はありませんが、このシリーズで大体78ユーロ前後ということです。

 私の目を一番ひいたのは、こちらのシルバーの指輪です。



 はじめ、指輪の奥側に見える色とりどりの輪が可愛いなーと思ったのですが、これは手前に見える指輪に、2カ所凹が施されており、その部分に好きな色を組み合わせて巻き付けるタイプのものでした。色のバリエーションは15種類あり、指輪を購入すると、色付きの輪が好きなだけもらえるそうです。

 様々なアイデアをアクセサリーとして実現させるのが楽しい、というオラフ。「ベルリンのお店は、日本からの観光客の方もたくさんご来店頂けるのですよ。私の作った作品が、日本の方にも気に入ってもらえて、とても嬉しいです。」2年前から出身地近くのハンブルクでもアトリエ販売を開始し、売れ行きは好調ということです。彼が今製作している新しい作品も、こっそり見せてもらました。販売は秋くらいを予定しているということ。もし何かの機会で立ち寄ることがあれば、是非ご自身だけのオリジナルアクセサリーを発見してみて下さい。


 オラフ(右)とパートナーのナディヤ
オラフ(右)とパートナーのタンヤ