フランクフルト
Posted by: Shina
気がつけばほぼ前回の更新より1年も経ってしまっています。暑い夏、皆様いかがおすごしでしょうか?

昨年、パソコンが壊れ新しいマックに写真をどう取り込むか悩みながら、パリとフランクフルトを頻繁に往復していた私。仕事の合間ですから、結構疲れていました。ドイツ語の勉強を中断してフランス語を再度勉強し始めたら、面白いのはいいものの、難しい。学生時代に習ったものはなぜかすべて抜けている。仕方ない、もうかれこれ10年も経っているんだから、と自分を慰めるものの、発音がこれまた通じません。しかもドイツ人との仕事中、フランス語が頭の始めに出てきてドイツ語に切り替えるのが難しくてかなり辛かった。で、英語にしたら文法がドイツ語の順番になって英語も間違っている。中途半端な2009年になってしまいました。

このままでは私は何語もマスターできない人になってしまうと年始2010年に気持ち改め、再度ドイツ語をまずは頑張ることに。(といっても、フランス語の響きに負けてたまに浮気しますけれど)というよりも、実は2009年から移民に関する新たな法が設定されて、5年間滞在した移民が永住ビザを更新する際に今までは必要なかった語学と政治/歴史/文化のテストが必須となりました。だからそのテストのためにまた再開したのです。もちろん以前にドイツの大学で勉強していた人とか、ドイツ人と結婚して5年以上経っている人などは免除されるという例外もあるようですが、残念なが私にはそれらの例外が当てはまらなかったのです。

2010年の6月にビザが切れてしまう私は5月に申請に行き、そこでひとまずビザを延長し上記の説明を受けてました。7月に長い休暇があったのでこの間、政治/歴史/文化のテストに関する講習を受けました。全部で10回の講習で最後の講習日にテストも行われます。テストは全部で25問がコンピューターより250問の中から無作為に選択されます。すべてマークシートなので250問すべて答えを暗記すれば簡単に答えられます。でも、せっかくドイツに住んでいるんだから、ドイツの政治を学べばより住みやすくなるだろうし、歴史を学べに第二次世界大戦で日本の同盟国であったドイツの複雑な歴史を理解できるし、文化を学べばより同僚とうまく接せられるのではと期待して臨みました。

最初の2回は仕事で行けず3回目から出席したのですが、政治の授業でした。先生は黒板に政治の単語をぎっしり書いていて、前回の復習といって9人のクラスメイトを端から当て始めました。当てられた生徒はその単語の意味をドイツ語で説明していました。教科書もろくに読まずに行った私は、もう頭が真っ白。幸いにも先生は私が休んでいたのをくんでくれて、その場は免れました。生徒にテストのためではなく今後の私たちの生活のためにきちんと理解して欲しいと強く望まれる方だったので、生徒達の質問に細かく丁寧に答えてくれてとてもいい先生でした。反面その熱意から、その日の授業の終わりには小テストと口答テストがあり冷汗ものでした。答えられない生徒には、その人がきちんと理解できていないことを見抜き、分かるまで厳しく徹底指導。すべてドイツ語だから1分足りとも私は気が抜けない授業でした。しかも生徒達は私と同レベルもしくは上のドイツ語レベルのため、流暢に話す生徒の会話の知らない単語を辞書ですばやくチェックして且つ政治の話を理解しなければいけないのはかなり苦労しました。以前ドイツに関する本を読んでいたのですが、いざ自分の言葉で説明するとなると、話は別です。

生徒はアジア、アラブそしてアフリカ大陸出身で、同僚もいましたがほぼ全員が仕事も別の分野なのでいろいろ休憩時間に話し、ドイツにいる同じ移民ならではの話をしました。アフリカ出身の友人がいますが、今までに政治のつっこんだ話などしたことはありませんでした。でも授業が授業だけに、話題は世界における欧州や米国を中心にした政治や歴史。ドイツでは欧州出身の人はビザなく仕事も生活もできるので、授業にはヨーロッパ人は誰もいません。だからという訳ではないのですが、アフリカと欧州の利害関係やアジアと欧州の格差など、かなりシビアな話をまじめに討論しました。語彙不足で討論できなかった話題もあり、改めて語彙力のなさを実感。

ドイツでは移民にもドイツ語を(初級のみ)安く勉強させてくれるインテグレイションプログラムがこの新たな法とともに始まりました。初級コース終了者はこの授業の前に語学のテストを受け、テストに受かった者が最後にこの授業を取りテストを更に受けて終了するそうです。移民に安く語学や先の授業を提供するドイツという国は非常に素晴らしいと思います。日本ではどのようにあるのでしょうか?特に今回のような授業を受けるとなるとかなりの費用が発生するのでは?先生にもよるでしょうが、今回の先生に出会えた私はラッキーです。かなり質の高いコースというか、すごい満足できたので感謝です。
ちなみに語学の授業については、ビザ更新の時に語学レベルをチェックされていて、お役所の人が?と思った人に学校へ行くように勧めているようです。実際にコースで出会った同僚でもお勧めされて急いでこのコースの前に学校に通ったと行ってました。

そして昨日、約2週間ぶりにようやくテストの合否がポストに入ってました。勉強したかいがあったのか、満点で合格できました!いつも授業のテストではいくつか間違えていたので嬉しかったです。

目下ドイツでは移民規制が厳しくなるものの、移民としてきちんと勉強しようと思えば安く質の高い授業が受けられるのです。今まではこのテストがなかったので、始めはなぜテストなんてと不安に思いました。が、受講し勉強した後の今となっては、ここドイツで生きて行く上で最低限必要なものを教わった気がするので非常に良かったと思っています。これを機により精神的に豊かな生活ができるように心がけたいと願いました。
Posted by: Shina
すっかり木々の葉が緑から黄色に変化しつつあるここフランクフルトでは、昼間の気温はおよそ15度前後とすっかり冷え込んできました。先週日本にいたときは半袖で歩いていても昼間は寒くなかったのに、12時間かけて帰国したドイツでは人々がコートをまとい冬の準備をし始めたところのようです。

2009年3月から非常に慌ただしい生活を余儀なくされ、気がつけば10月になっていました。この半年、ブログをすっかりお休みしてしまったことは悔やまれるところですが、その反面少しずつですが生活に変化が現れ且つ私的にはかなり良い方向に進んでいるので、嬉しい限りです。

その変化の一つ目は、フランクフルトの都心へ引っ越したことです。今までも市内に在住し、地下鉄やバスなどの交通も小都市なのにかなり網羅され特に不憫さは感じてなかったのですが、この小さなお城へ訪れる友人たちは口々に便利になったと賞賛をやめないのです。それは私自身もこの上ない立地条件のため便利になったと実感する今日このごろです。また日本人経営の美味しい日本食レストランが目と鼻の先に存在します。仲良し同僚の彼が私の近所に住んでいる手前、よく彼らはそのレストランに誘ってくれるのですが、メッセが多い9月ー10月はかなり団体予約でいっぱいで最近は行けずじまいです。とはいえ、何もお料理したくない日に美味しい和食がすぐに食べれるのは、海外在住者としてかなり恵まれています。日本語も話せる機会があるのもしかりです。とはいえその反面、この小さなお城は大通りに面しているため車の音はひっきりなしです。閑静な住宅街での小鳥たちのさえずりで目覚めていた別荘住まいの生活から、早朝、救急車のサイレンが新しい目覚ましの都会生活?です。

二つ目はフランス、パリが身近になったことです。もともと私の友人の多くはイタリア人で、ドイツに来てからは幸い大好きなイタリアへは年に何度も訪れていて、ドイツ同様に第二の故郷のように思えてます。しかしフランスには、日本人の仲良し友人達が皆フランス人男性と結婚して各地に移住したため何度か訪問してましたが、パリではありませんでした。それが今年になり、友人がパリに引っ越したり、その友人の家近くに同僚カップルが住んでいたり、仲良かった先輩がまたもやフランス人と結婚されパリに引っ越してたりと、自分が興味を持っていた遥か彼方美術館の宝庫パリが、この1年でかなり接近してきてくれました。おかげさまで、今はフランクフルトとパリの両方の生活に、イタリアのトリノや日本の家族が住む東京もたまに加わります。

そこで、今まではドイツ/フランクフルトを中心にお伝えしてきましたが、今後はフランクフルト周辺の欧州都市版も加えたいと思います。様々な都市を落ち着かずに行き来しているのはあまり好きではないのですが、その利点を生かし、色々な都市の比較、類似や相違点を含めてお伝えしていきたいです。個人的にフランスとイタリアは私が’食べ過ぎ’&’買い過ぎ’中毒を起こしやすい危険な国でもありますが、その危険なほど魅了するのはどんなものかをお伝えできればと考えております。実際、幸か不幸か、先月もイタリアで食べ過ぎてしまい、その2週間前にパリで購入した美しい細身のシルエットのスキニーデニムが今でははけません。

とは言っても、久々のブログはやはり先日9月27日に行われた選挙に関しフランクフルトの写真とともに記載します。
もちろん私は外国人なので選挙権はなく投票できませんが、どこの政党が与党になるかによって、私の生活も少しは影響されるでしょうからそれなりに関心はありました。連日ドイツではいろいろなテレビ番組でマニフェストを掲げた議員達が熱心に討論してたり、投票を呼びかける議員によるCMなどが放映されていました。政党に関しては頼りになるWikipediaさんがきれいにまとめていたのでお借りします。

現在連邦議会に議席を持つのは、以下の政党である。色は各党のシンボルカラー。
くろ▪ ■キリスト教民主同盟(CDU)-社会民主党と並ぶドイツの二大政党。中道右派の保守主義,キリスト教民主主義政党。2005年から政権与党。
あか▪ ■ドイツ社会民主党(SPD)-1998年から政権与党。2005年からはCDU/CSUの連立与党。中道左派の社会民主主義政党。19世紀からの伝統を持つ、西欧社民主義政党の中心的存在である。
みずいろ▪ ■キリスト教社会同盟(CSU)-バイエルン州のみの保守政党。CDUとは統一会派を組んで活動している。なお、CDUはバイエルンでは活動していない。
みどり▪■連合'90/緑の党-環境主義政党緑の党と旧東ドイツの民主化運動家の統一会派。1998年から2005年までSPDと連立政権を組んでいた。
きいろ▪■自由民主党(FDP)-自由主義を掲げる中道政党。
あか▪■左翼党(Die Linke)-かつての東ドイツの支配政党ドイツ社会主義統一党の後身。2005年に、離党したSPD左派と政党連合「左翼党」を結成し、民主社会党から「左翼党-民主社会党」へ改称。さらに2007年には政党連合を統一政党へと発展させ左翼党となった。

結果は以前に引き続きCDUのメルケルさんが続投することになりました。各政党の政策に関してはどうぞそれぞれのホームページをご参照下さい。ここではあえてマニフェストに関しては記載しませんのでご了承下さい。
それよりも、なぜドイツでは政党が色によって識別され言及され記載されるのか、非常に興味深く調べてみました。

そもそも政治団体を色の同定は古代ローマまでさかのぼります。ローマ皇帝達が馬に戦車を牽引させて競馬場(キルケンサスcircenses 英語ではcircus)で遊んでいた際、各々の好みの車を視覚的に識別するために色を用いたのが始まりのようです。その後ローマ帝国分裂後の東ローマ帝国でも宮殿と競馬場の貴賓席は通路で結ばれていたと言われるほど、政界のステイタスシンボルとして競馬場は広く栄えて行くことになります。

黒はキリストの苦しみや懺悔を意味し、プロテスタントの牧師の服はこれにより黒が使用されているそうです。
赤は革命のシンボル。フランス革命時には急進的な武装勢力が赤を身にまとっていたとも言われています。社会主義や共産主義をも意味します。
緑は自然の色。もちろん、環境保護を第一の目的としています。
黄は広告会社の色ともいわれていますが、1972年選挙戦に初めてFDPは黄色を使用して以来続いているようです。

ドイツ政党の色の歴史をたどればローマ時代にさかのぼり、ここ欧州はすべてはローマだった、一つの国であったことを改めて感じました。



09/03/05: My Zeil Eroeffnung

Posted by: Shina
2009年2月26日、やっとです!



数年前から工事されていたフランクフルト市内ではかなり大規模なショッピングセンターがとうとうオープンしました。



26日は残念ながら行けなかったのですが、翌日の27日に早速仕事帰りに行ってみました。

金曜日ということもあって、人・人・人



人口約65万人のこの都市のかなりの割合の人人が、今ここにいるのかしら?と思わせるほどの混雑でした。

気になるお店はというと、、、約100店舗あり、若者向けのお洋服店がメインで全般にカジュアルな雰囲気です。飲食店ももちろんあり、ドイツ人の大好きなアイスクリームを食べながらウィンドーショッピングもできます。


<お洋服店>
REPLAY
Pepe Jeans London
Bench
ROXY
Quick Silver
Mustang
Promod


<靴>
Gabor
Sacha Shoe  ?こんな名前のお店もあったよ!
***



<スーパー>
REWE

<電化製品>
SATURN

他多数。。。。。

私は個人的にGAPがあったら?と期待していましたが、
残念 :( ありませんでした。

しかし下記が私のお薦め ;) のお店!

@Accessorize@
イギリスに行ったらTOPSHOP同様絶対に訪れていた、かわいくてかなりお買い得なアクセサリー店。
バッグやスカーフ、水着、帽子、靴なども揃っていて、お土産にいいですよ。

@NAPAPIJRI@
どちらかというと女性よりも男性に着て欲しい服です。大人のお洒落カジュアル服。地味だけどお洒落で、決して手を抜いていない感じ?私も友人達も結構好きですね。

@THANN@
ドイツ第1号店!
アロママッサージオイルやクリーム、キャンドルを扱うタイ発祥のサロン。いい香りに惹きつけられてたどり着いたこのお店では、マッサージも受けられます。私があまりにも目を光らせていろいろチェックしていたら、きさくなオーナーが話しかけてきて、丁寧にいろいろ説明してくれました。ハンドクリームもよかったし、オイルの匂いはかなり癒し系。
ドイツであまりいいマッサージサロンに巡り合っていなかったのですが、とうとう発見した予感。マッサージルームができあがったら、是非行かなくちゃ!
日本ではすでに販促中で有名みたいですが、どうなのかしら?



詳細はこちらのホームページをどうぞ!

http://myzeil.de/index.php?modul=content&item=Shopping:Journey_to_MyZeil&lang=en

08/11/19: Pilates

Posted by: Shina
ちょっと前に、テニス界の元女王だった伊達公子さんが現役復帰しましたね。学生時代にテニスをしていた私には嬉しいニュースです。しかも昔とあまりかわらないキレのあるプレイを見て驚きました。
彼女の健康管理の一つに、Pilatesがあげられていて、ドイツ人旦那様と一緒に行なっていると何かの記事で読みました。その前から東京の友人からも、会社帰りにジムでPilatesするのが習慣になっていると聞き興味を持っていて、調べたりもしました。

*****
ピラティス・メソッド(Pilates method)は、1920年代に、ドイツ人従軍看護師ジョセフ・ピラティスが開発したエクササイズ。

もともとは第一次世界大戦の負傷兵のリハビリテーションのためのフィットネスプログラムであった。呼吸法を活用しながら、主に体幹の深層筋(インナーマッスル)をゆるやかに鍛える。

これにより、

代謝が上がる
姿勢がよくなる
動作の無駄がなくなり、故障しにくくなる
などの効果が期待できるとされる。

マットレスやゴムバンド、ボールなどを用いる運動もあり、直接的な筋肉トレーニングの意味合いが大きいが、筋力よりむしろ筋肉の使い方のトレーニングに重きが置かれ、動きはゆるやかで負荷も比較的小さいため、主に女性の美容・健康法として、近年人気を博しつつある。
≪Wikipediaより≫
*****

まあ何よりも、家の前のかなり急な坂(私は一度だけ自転車で登りましたが、途中で休憩してなんとかたどり着いたほど辛い)を、雨の日も風の日も毎日自転車で何往復もして鍛えているドイツ人のおばあちゃまを横目で見ているのが絶えられなくなり。。。
しかも、そのおばあちゃまはかなり御歳を重ねていらっしゃるようですが、筋トレ中も完璧にお化粧して派手なトレーニングウェアできめているではありませんか!

『今の私は絶対に負けるだろうなあ・・・』

ということで、今月からジムへ入会しました。
先月末に近所の友人とお茶したときに家から近く(これが続けるには最大の理由!)、小奇麗で会社割引のあるジムを紹介され、入会金も半額に。

入会日直後に、総合的な体力測定を行い、自分の弱みを徹底追跡してから、トレーニングを始めるというドイツらしい合理的なシステムも納得です。マシーンでの筋トレの他にもスタジオでPilatesやYoga、ダンス等朝から晩まで各種多くのコースがあります。いつでも自分の好きな時間に楽しく運動ができるのは、運動大好きな私には贅沢なことです。ということで、Pilatesにはまっています。かなり大変ですが、想像以上に楽しい!

まあ、本場ドイツですし、体力だけでなくドイツ語のトレーニングにも繋がると一石二鳥。


鍛えた後は美味しいケーキをこちらでいただけます。



早く、マドンナみたいな体にならないかなあ・・・

08/10/28: TAKASHI MURAKAMI

Posted by: Shina
今週から冬時間となり、日々暗くなるのが早くなっていくのを感じています。
先日の日本滞在中は、すごい時差ぼけだったにもかかわらず、あまりにも太陽が心地よく照りつけるぽかぽか陽気だったので、寝る間を惜しんで外にいました。すでにドイツよりも日照時間が長い日本は私にとっては、まるで”南国”のようです。少々言いすぎかもしれませんが、ドイツ人友人も「なんて素晴らしいお天気なんだ!」と絶賛していたのは事実です。日本に住んでいたときには、そんな10月の太陽のありがたさに気づいていませんでしたが。。。。。

『冬時間』 とはすなわち、 『ドイツの厳しい冬に備えましょう!』と私のお天気アラームが鳴ったようなものなです。最近TVを見ると、風邪薬のCMがやたら増えているのは気のせいではないでしょう。通りを歩くフランクフルター達は、先月まではトレンチコート着用者も多かったですが、今月はすでにダウンジャケットやウールロングコートが活躍中です。その間のニットのコートとかハーフコートとかを楽しむには、すでに寒すぎるように思えます。ちょっと気を抜くとすぐに風邪をもらってきてしまう私は、毎日うがい&手洗いに余念がありません。めったに風邪をひかない友人も先週風邪をひいていたので、健康管理にはかなり慎重になってしまいます。

こんな書き出しでは、暗くて寒いドイツの生活は楽しいのかしら???と疑念を抱かれてしまうかもしれません。しかし、大丈夫!
ここでの楽しい週末の過ごし方の一つ、美術館へ先週末へ行きました。

2009年1月4日まで開催中の村上隆 回顧展 
場所 MMK Musesum Fuer Moderne Kunst Frankfurt Am Main 
住所 Domstrasse 10, 60311 Frankfurt Am Main
電話 069-21230447 www.mmk-frankfurt.de
時間 午前10時ー午後8時 (月曜休館)
料金 8ユーロ (子供料金や団体割引有り)・毎月最終土曜日無料

まさか、日本人アーティストの作品をこんなに身近に且つ大々的に鑑賞できるとはここ数年思ってもいなかったので、興奮!

外観からはこんな感じです。
入り口内でも撮影してたら禁止されたので、作品は行ってからのお楽しみです~



絵画や彫刻に加え映像など130以上の作品を楽しめます。アメリカでは大好評だった彼の作品は、ここ欧州ではどのような評価を得られるのでしょうか?

入場料無料の土曜日夕方ということもあって、結構多くの人が訪れていました。子供からお年寄りまで、日本人らしきアジア人からもちろんドイツ人、更にはEU多言語も聞こえてきました。同行した日本びいきのイタリア&スペイン人の友人達は、もちろん大満足でした。加えて、ドイツ人の子供達が日本語音声で英語字幕の映像に見入って、お母さんに呼ばれても動かない姿は印象的でした。またルイ・ヴィトンとのコラボレーション作品の前では、母親世代のドイツ人女性に話しかけられ、彼女は下記のように述べていました。

「私は美術が好きよ。このコラボの作品の色合いも素敵ね。彼の作品は色々な時代の色々な人からの影響が感じられるわ。だから奥深い。あなたもそう思う?もちろん日本の文化に興味があるわよ。以前に東京と福岡に行ったわ。布団で寝て、お食事がなんでも美味しくていい思い出よ。」


芸術の秋に、フランクフルトで日本のアートを楽しむのも面白いです。



 
Copyright© 2005 doitsujapan.jp