3月というのに、また寒くなってきているフランクフルトです。昨日の朝は雪が降っていてびっくりしました。一昨日、ドイツに戻ってきたときに、すごい寒くて頭痛がしたのはこの雪のせいでした。

そんな寒いフランクフルトでは、昨日から労働者が賃金をめぐり大規模なストライキを行っています。こちらの新聞によると、フランクフルトに加え、ベルリン・ミュンヘン・ハンブルグ・ケルン・デュセルドルフなどドイツ大都市各地でも行なわれています。主にドイツ国内路線の飛行機をはじめ、市の地下鉄やバス、路面電車などの近距離交通に影響がでています。フランクフルト都市と空港を結ぶドイツ鉄道は昨年よくストライキをしていましたが、現在は行なっていません。しかし、病院や保育所、清掃局と共に今後の動向は要注意です。

ここフランクフルトにはヨーロッパ3番目に大きい空港がありますが、チェックインカウンター、荷物管理や空港の消防署の人々がメインにストライキをしています。その影響で国内線約300便が欠航になったようです。

また今朝は多くの通勤者が職場までたどり着くことに問題が生じました。市内まで歩く、もしくは自転車でいったものの、そこからの地下鉄も路面電車もバスも走っていないのですから。。。昨晩会った友人は、『明日はいつもよりも早く起きて会社に行かなきゃ。でももし徒歩でいくとなると、終業時間に着くことになるから無駄ねえ。』なんて話していました。彼女は無事にたどり着けたのでしょうか?

日本にいたときはあまりストライキによって困った体験がなかったのですが、こちらヨーロッパでは結構あります。イタリアやベルギー旅行中にやむを得ず電車を降りて歩いたり、一日延泊したりもしました。特に昨年ドイツ鉄道には非常に悩まされました。でもそれにより、ストライキも考慮にいれ通勤しなければいけない危機管理を身につけました。

近日中、ドイツ国内をご旅行される方はよくニュースや各機関で確認されることをお薦め致します。


別件で写真は1月にスキーを楽しんだフレンチアルプスです。また行きたい!