足占いをしたことありますか?私は先日初めてここドイツで試してみました(試されました?)。

日本では手相による占いが、結構一般的ですよね。
私は人生に一度だけ、社会人数年目になってひどくふられたときに、友人の薦めで手相を見てもらったことがあります。その占いは今でも覚えています。詳しくは書きませんが、とにかく数年後に欧州(当時私の好きなイギリス、フランス、イタリア以外の国!と限定)にいることを予言されていたので今でも鳥肌がたちます。その時はまったくといっていいほどドイツに関心はなく現在の仕事や生活を望むどころか、考えもしませんでしたから。その後の人々との出会いによって今があるのですが、占い師の方はその人達のことはまったく予言しませんでした。。。不思議!

足占いはとある公園でピクニック中に行なわれたのでした。
晴れるはずのピクニックはあいにくの曇り空からスタートしました。よどんだ色の雲を見て見ぬふりできず、ピクニック提案者に半信半疑で電話し中止かと思いきや、『お弁当も作ったので決行!』とGOサイン。前日までノースリーブでも寒くない日々だったのに、いきなり当日は肌寒く、お弁当まで作ってくれた友人だが、もしや雨女?と疑っていました。
しかし、公園に着いてだーれもいない野原の芝生の上に美味しそうなお弁当を食べていたら、徐々に太陽が光だしました。『私って晴れ女だわ!』と内心つぶやいていたら、友人は横で誇らしげに「私、晴れ女なの!」と断言。確かに晴れ女二人のピクニックはたちまち太陽が照り始め、子供たちや犬とお散歩の人が集まってきました。
 

彼女の美味しいお弁当を楽しんでいるところに、一人の女性が近づいてきて、「XXXTVのものですが、あなたのキャラクターを足で???きっとリラックスできますよ。」と早口で話しかけられました。今一よくわからなかったので聞きなおしたのですが、完全に理解できず、とりあえず「ご飯食べ終わって、足先だけ撮るのならOK」と友人と相談して回答してみました。そうしたら、いきなりカメラマンと同世代の女の子が押しかけて来て、「靴下脱いで、グラサンはずして!」と、おにぎりの”のり”が歯についてるかもしれないのに、早速撮り始めたのです。しかも、金髪のきれいな中年女性がすぐに自己紹介し、私の足指の形を見て「あなたは感情的ね。それからXXXXX(以下略)」と説明し始めたのでした。足裏マッサージかペディキュアでもしてくれるのかと思っていたので予想外で驚き。でも、占いはまたもや結構当たっていたので関心しました。
 

私のつたないドイツ語で「あたっている気がします、すごい!」と占い師さんに発言してみたら、更に予想外の回答に驚き。

「これは今日・だ・け・の占いです。」

「・・・・・・・・・???そうですか。。。。。。。。」

もう午後3時近いのに・・・今日の占いなら朝やるべきでは???

「うまく答えられなかったから、放映しないで!他の人をたくさん撮影して頑張ってね!」と伝えようと思ったら、、、

撮影終わったらとっとと皆様退散されているではないですか。


2006年WM中、町中いたるところで試合を観戦できたのですが、試合が終わったとたんに切り替え早く家路に向かうドイツ人の姿を思い出したのでした。