ちょっと前に、テニス界の元女王だった伊達公子さんが現役復帰しましたね。学生時代にテニスをしていた私には嬉しいニュースです。しかも昔とあまりかわらないキレのあるプレイを見て驚きました。
彼女の健康管理の一つに、Pilatesがあげられていて、ドイツ人旦那様と一緒に行なっていると何かの記事で読みました。その前から東京の友人からも、会社帰りにジムでPilatesするのが習慣になっていると聞き興味を持っていて、調べたりもしました。

*****
ピラティス・メソッド(Pilates method)は、1920年代に、ドイツ人従軍看護師ジョセフ・ピラティスが開発したエクササイズ。

もともとは第一次世界大戦の負傷兵のリハビリテーションのためのフィットネスプログラムであった。呼吸法を活用しながら、主に体幹の深層筋(インナーマッスル)をゆるやかに鍛える。

これにより、

代謝が上がる
姿勢がよくなる
動作の無駄がなくなり、故障しにくくなる
などの効果が期待できるとされる。

マットレスやゴムバンド、ボールなどを用いる運動もあり、直接的な筋肉トレーニングの意味合いが大きいが、筋力よりむしろ筋肉の使い方のトレーニングに重きが置かれ、動きはゆるやかで負荷も比較的小さいため、主に女性の美容・健康法として、近年人気を博しつつある。
≪Wikipediaより≫
*****

まあ何よりも、家の前のかなり急な坂(私は一度だけ自転車で登りましたが、途中で休憩してなんとかたどり着いたほど辛い)を、雨の日も風の日も毎日自転車で何往復もして鍛えているドイツ人のおばあちゃまを横目で見ているのが絶えられなくなり。。。
しかも、そのおばあちゃまはかなり御歳を重ねていらっしゃるようですが、筋トレ中も完璧にお化粧して派手なトレーニングウェアできめているではありませんか!

『今の私は絶対に負けるだろうなあ・・・』

ということで、今月からジムへ入会しました。
先月末に近所の友人とお茶したときに家から近く(これが続けるには最大の理由!)、小奇麗で会社割引のあるジムを紹介され、入会金も半額に。

入会日直後に、総合的な体力測定を行い、自分の弱みを徹底追跡してから、トレーニングを始めるというドイツらしい合理的なシステムも納得です。マシーンでの筋トレの他にもスタジオでPilatesやYoga、ダンス等朝から晩まで各種多くのコースがあります。いつでも自分の好きな時間に楽しく運動ができるのは、運動大好きな私には贅沢なことです。ということで、Pilatesにはまっています。かなり大変ですが、想像以上に楽しい!

まあ、本場ドイツですし、体力だけでなくドイツ語のトレーニングにも繋がると一石二鳥。


鍛えた後は美味しいケーキをこちらでいただけます。



早く、マドンナみたいな体にならないかなあ・・・