FRAのFanfestでイングランド対パラグアイを見てきました。

たくさんのイングランド人が来ているとの情報を得ていたので早めにFraへ。すでに向かう電車の中で、ドイツ語よりも英語が飛び交う世界。

Fraに着き、レーマーを通り過ぎて。。。と考えていると、レーマーで目に飛び込んできたのは、大騒ぎするイングランドサポーター
レーマー
と、ドイツの典型的な木造建築(Fachhaeuser)にはりつけられたイングランドの旗。

まさにそこはイングランド!?

Fanfest会場には試合開始2時間半前に着いたのですがそこに書いてあったのは”Closed”の文字。既にたくさんの人で入れないのかと思いきや、まだ開場していないとの事でした。。。

なんとか入ることができたのですが、試合開始2時間前にはすでに門が閉められました。入れなかったサポーターは近くの橋の上から応援。
はし

ちなみに、Fanfestの入り口でペットボトル、ビンの飲み物はすべて捨てられました(カップのものだけOK)。そして中では高~い飲み物を買うはめに。(水3ユーロ、ジュース3.5、ビール4だったと思います。それぞれ500ml)
とても暑かったので相当儲かったことでしょう。。。

そうそう、暑かったので上半身裸の人がたくさん。中にはトップレスの女性の姿も。残念ながら写真はありません。。。

川の反対側

そうそう、Turuさんの心配!?にお答え。イスの席はほぼ埋まっていたのですが、道で立ってみる分にはかなりのスペースがありました。でも一番人気があったのは木陰。それほど暑かった。
Screen

試合終了後はすぐに帰ったのですが、TVで見ているとイングランドサポーターは夜まで大騒ぎだったとか。。。

気づいてみると今回はサポーターの写真がほとんどなかったので次回はたくさん撮ってこようと思います。