いよいよ12月半ばですね。10月からすっかりご無沙汰になってしまいましたが、皆様いかがおすごしでしょうか?

私は10月から仕事の合間をぬって語学学校に通っていました。レベル別テストをしたのに、自分のレベルのクラスが設けられていなく、2つも上のクラスに強制的にはいらされたため、すごい勉強しないと全くついていけない状態でした。もちろん、その間仕事もハードにこなし。。。。気がついたら、11月からなんとなく具合が悪くなってしまいました。それでも『病は気から。気合と気力で治してしまえ!』と強く願い仕事を続けていたら、とうとう急性中耳炎になってしまいました。。。今まで病欠したことのないので非常に悔しいです。体調管理もプロとして大切なことなので、フプロ失格ですね。

それにしても、外でももゲホゲホいいながら歩いている人結構いるくらい風邪はやっています。また寒く乾燥した日々が続いていますので、完治するのは大変です。私のように1ヶ月以上長引き、おまけに中耳炎にまでかかかってしまうと最悪です。風邪をひいていらっしゃる方、こじらせる前に是非早期発見・回復してくださいね。





ちなみに写真は、個人的に風邪の引き始めに良く飲むお茶とお風呂にいれてゆっくりつかるバスオイルとこちらの典型的な携帯ティッシュペーパー。スーパーやドラッグストアで購入できます。ハーブが豊富に取れるここドイツならではの商品!?と思い、2年前から愛用しています。特にお茶はかなりたくさんの症状に合わせて発売されていて10種以上お店にならべてあります。喉、咳、胃、肝臓、風邪、安眠に至るまでなどなど。お値段もかなりお手ごろで驚きの品です。

ここフランクフルトにはドイツ語だけでなく英語・日本語可能なお医者様がいらっしゃるので、熱がでてドイツ語・英語話す気力はない時はすごい便利です。さすがに熱が出て声がかれて症状を紙に日本語で書いて渡したときには、日本人のDRでよかった!と思いました。病気の時には、いつも鉄のように?強い私でも弱くなるものです。

余談ですが、先日お仕事でドイツのサッカー皇帝、フランツベッケンバウワー氏にお会いすることができました。日本代表選手には何度かお目にかかりましたが、ドイツサッカー至上の偉大なる人物は、本当におおらかで素敵なおじさまでした。私のつたないドイツ語でサッカーへの情熱を伝えると笑顔で聞いてくださいました。、やはり大物は器が大きい!と実感しました。これが風邪の処方となるとしんじているのですが・・・・・