ハノーヴァーは4日から9日まで世界最大の情報技術見本市CeBIT2008が開催されています。
この期間はホテルの宿泊料が通常の5倍にも跳ね上がったり、レストランもCeBIT用の高めの料金のメニューを用意していたり(勿論そんなひどいことするレストランは多数派ではありません)と普段とはまるで違うハノーヴァーになってしまいます。
今日も市内に行ってみましたら沢山のハノーヴァー以外から来てる車やドイツ語ではない会話をしている方達を見かけました。
見本市が終わって夜はどこのレストランも満杯で大混雑、メッセ周辺は大渋滞になります。

そんなメッセ付近を避け、郊外のBentheでのOsternbaum 飾りつけを見て来ました。
nullnull

今年のOstern復活祭は今月23日の日曜日ですがそれに先がけて村の幼稚園児、小学校の子供達(日本の学年で言うと1年生から4年生まで)が参加して今にも雨が降りそうな灰色の空の下自分達で作った卵や紙の飾りを木の枝に結び付けていきます。
nullnull
みんな自慢げに卵を見せてくれました。日本だったら小学校4年生にもなる男の子達は”かっこわりいやー”って嫌がるかもしれませんがさすがドイツの田舎の子達真面目そのもの。かわいいやね。飾り付けが終わって木を立てるのは勿論大人です。
地元BentheのFeuerwehr消防隊のお兄さん達です。
null
nullnull
null
色とりどり綺麗に飾り付けされたOsterbaumの前でにっこり。
参加した子供達はベンテ村村長のBohrさんからウサギと卵のチョコが入った袋をもらいホクホクと幼稚園、学校に戻っていきました。null
毎年このイースターの飾り付けを主催している自衛消防隊の隊長Behrensさんと村長のBohrさんです。
null

ハノーヴァーのここニーダーザクセン州は来週10日からOsternmontagの翌々日26日までイースター休みに入ります。
ほーんとドイツの子供達はお休みが多いですね!そういう私も今週末からスキー休暇でハノーヴァーを離れます。
どうぞ皆様素敵なイースターを!
Frohe Ostern!