ハノーヴァーから北東に車で半時間ほど走らせたところにある人工約7万人の北ドイツの真珠と呼ばれる美しい町Celle.
nullツェレに関しては以前このブログに載せましたので、今回はツェレにあるドイツならではのレストランを御紹介しますね。
nullnull
入り口の子豚ちゃんもかわいらしいドイツ料理のレストラン、
Schweine Schulze ”Das heimliche Rathaus"ではほがらかな笑顔で御主人が愛想よく迎えてくれます。
ドイツ料理のお店では愛想が悪くて当たり前と身を持って体験しているのでここは特に感じがよくてうれしかったわい。
null

毎度おなじみのベンテ村老人会Benther Senioren TeamにまじってCelle観光に行ったものの、この日は特に寒く風が冷たく体感気温零下7度!と言うような日だったので一秒でも早くレストランに入ってぬくぬくしたかったのです。
nullnull
そんな状況下食べるものと言ったら暖かいソーセージ、北ドイツ名物のグリューンコール緑キャベツの煮込み!!ほんと、心底冷え切った体を温めてくれました。ううう、室内に入れて本当に助かった。観光案内付で外を歩くこと2時間、凍死するかと思う寒さでしたわ。
null
nullそしてアルコール度がたかいAndechser Klosterbiereを飲み、さっさと酔っ払ってしまったのは私です。
雰囲気もいいし食事もおいしいし、なんといっても暖かいSchulzeですっかりくつろいでいる老人会の皆さん。
さては旅の目的は観光ではなくこれだったんだなあー!
nullnull
null

Schweine Schulze Neue Strasse 36. Tel. 05141 22944
Celle観光ぜひともお勧めですが冬にいらっしゃらないほうがいいと思います。。。。