ハノーヴァーの普通の一軒家でとても素敵な手作りのバッグや小物を期間限定で売っているお店があるというので行ってみました。元は薬剤師だったのが趣味が高じてハンドメイドのものを売るようになったというオーナーのEvaさん。
お薦めのふわふわバッグを持ってにっこり。
null



このキュートな巾着バッグはいろいろな色があって100ユーロだそうです。null
ドイツ人は物を大切にすることでよく知られていますが、この毛皮のマフ(首からかけて寒いときに手を入れ温めるもの)はなんとエヴァさんの曾祖母の使っていた120年前のマフだそうです!状態が良いのでとてもそんな古いものには見えません。実際エヴァさんのお母さん、そして本人も使っているそうです。
null
ここからアイデアをえてとてもやわらかいフェイクファーで作ったのがこちらです。帽子やマフラーともセットに出来るように作ってありますが、彼女は同じものは二度と作らない主義だそうで全て色や素材デザインが違うんです。一つ200ユーロです。
null

null
なかの布まで凝っている布製バッグも可愛いのですが、中でも素敵だと思ったのがとても良い素材で作られたクッションです。
とてもやわらかくいつでもどこでも持っていけるようにと軽く作られていてほっぺをすりすりしたくなる気持ちよさでした。
私がお邪魔したときにこのクッションを購入していったBirgitさんとPiaさん。null今夜寝るときにさっそく抱いて寝るわ、と言ってました。40ユーロが高いかどうかはどのくらい利用するかによりますが、ドイツ人はいいもの一点主義の人が多いので質の良い高めのものをひとつ勝ってずーっとつかい続ける人は多いようです。