ドイツに住んでドイツ語を勉強していると言うと必ず聞かれるのが”どんなところでどんな人たちと勉強してるの?”ということです。日本で語学学校に通い外国語を習得しようと思ったら授業料は決して安くありませんよね。
ドイツでもベルリッツやゲーテなどはかなり高いですが安く勉強できる方法として私はVOLKSHOCHSCUHLE,市民大学に通っています。ドイツの市民大学は日本のカルチャーセンターのようなもので語学に限らず、政治経済、文学、ガーデニングやヨガなどいろいろな分野のことが学べます。また仕事に生かせる資格などを取得するための講座もあり若い人からお年寄りまで幅広い年齢層の人たちが通っています。
null

今私のクラスには私を含めて5人しか生徒がいません。何せハノーヴァー郊外の田舎の学校なので上級以上のクラスは受講生が足りずに成立しないのです。左からモルドバのアレキサンダー、ポーランドのアンナ、ブラジルのサマラ、日本人の私です。
かなり国際色豊かですよね!

null
もう一人の生徒は80歳の英国人、ビルです。
第2次世界大戦中に従軍したドイツで恋におち、周囲の大反対を押し切ってドイツ人の女性と結婚し、ドイツとイギリスに住むようになったそうです。3年前に奥様が亡くなってからまたドイツ語を勉強しはじめましたがとてもチャーミングなイギリス英語なまりのドイツ語を話すおじいちゃまです。
先生は二人火曜日担当のアグネス先生。

木曜日担当のビルギット先生。null
週2回午前中3時間の授業を20回(9月の中旬に始まりクリスマス前まで)で176ユーロです。
日本で勉強していたときよりずーっとやすいです!