ドイツに住んでいるというと"お醤油くらいは買えるんでしょう?”と心配されますが、もっといろいろな食材を買うことが出来ます!以前住んでいたフランクフルトには日本人経営のスーパーがありましたし、それこそデュッセルドルフに行ったときには日本のスナック菓子からマグロの中トロまで売っているのに感動しました!!
残念ながらハノーヴァーにはありがちな”アジアンショップ”にインド料理の食材などに混じってお醤油やお酢お煎餅がある程度なのです。ところがハノーヴァーから北へ150kmのハンブルグから日本食材の行商(この日本語冴えません?!)に来てくださる方がいるのです!!
null
ハンブルグにお店がある酒井商店の若林さんです。
今時カーナビもなく(ふっ、プロですから。。とおしゃってましたが)なんとハンブルグ市内は勿論のこと片道1時間半かけてハノーヴァーのそれも田舎の(すみませんねぇ)ベンテ村までつきに1回注文した食材を届けてくれるのです!
nullnull

車の中はこのように懐かしい日本語の食材でいっぱいでございます!!冷凍庫もありなかには。。。
"きゃーっ!たいやきよー!!!”という驚きもあるのです。
正直申し上げて安くはないので(日本の値段の大体3倍くらいです)何でもかんでも買えるわけではありませんが、ハノーヴァーのように日本食材入手が難しいところでは出張販売はとても助かります。
null
”日本酒もありますよー!”と若林さん。
もともと声楽の勉強にドイツにいらしてバイトのつもりではじめた今のお仕事を続けること15年。写真ではおちゃらけていますがお話しすると芸術家特有の品があるおにいちゃまです。
北はKielから南はBraunschweigまで一日15軒くらいまわるそうです。うわったいへん!詳しくは。。。
www.Japan-feinkost.de
へどーぞ!