もうすでに恒例化しつつある(なんちゃってブログに載せるのはまだ2回目です!)ベンテ村の子供達のコンサート。クリスマスコンサートのときはキーボードの先生Tholeさんが雪の魔女に扮し大変な迫力で観客を圧倒しましたが今回はピエロでちょっと控えめ!
null
そのかわり子供達の変装が凝ってました。モーツァルト、ナナルがいたり海賊にハリーポッター、ピエロにドラキュラと見ているだけで楽しめます。
nullnull

キーボードをはじめてまだ2ヶ月の男の子からもう3年習っている女の子までテクニックにかなりの違いがあります、モーツアルトを弾く子がいれば簡単な童謡を間違えながら弾いている子もいましたが皆キーボードに向かうと急にまじめな顔になって集中し一生懸命に弾いていました。
nullnullnullnullnull
写真を見てもらってもお分かりのように男の子が圧倒的に多いですよね!日本だとピアノやキーボードを習うのは女の子のほうがまだ多いようですがドイツでは男女関係なくほとんどの子供達がピアノ、ヴァイオリン、フルートなどの楽器を幼稚園児の頃から習うのです。幼少期からの音楽教育は脳の発達を助け集中力を養うといって高く評価されています。
nullnull
ぽかぽか陽気の中、親御さんだけではなく近所の人たちなどかなりの人たちが小さな芸術家達のコンサートを聴きに集まっていました。さすがっ、小さい村ですね!