6月半ば過ぎ頃から雨量が増え急に寒くなってしまったハノーヴァーですがそれでも雪が降るにはいくらなんでもまだ早すぎます。
この道にたまった白い雪のようなもの、まるでクリスマスツリーの飾りのようにもみのきにのっかっている偽雪をご覧くださいませっ!
nullnull
これが毎年この時期ハノーヴァー近辺の皆さんを悩ませているわた雪のような種が飛ぶPappelbaumです!!
nullnull


風に乗って飛んでいる姿はまさにわた雪!しかしこれが意外とべったりとしていて掃いても掃いても掃ききれずあめに濡れたりするとべしょっとくっつぃてまるで白かびのように見えてしまう困ったちゃんなのです!
nullnull
近くで見るとこのように細い枝にびっしりとわた状の種がついています。この時期は庭でゆっくりお茶を飲むことも窓を開けることすらできないと怒り心頭のBirgitさん。
nullnull
Pappelbaumの木のそばに住んでいる住民の皆さんが木を切り倒してくれるようお願いしているようですが、ここはドイツ。
たとえ不便でも自然を優先させるといって聞く耳持たず。だそうです。
このPappelbaumのわた雪は毎年3週間にわたって風に乗りハノーヴァー近郊の町や村を飛び続けます。。。