先日サッシャから”ドイツでもクリスマス商戦が早くなりすぎているというレポートをRTLで見た”とコメントをもらいました。
確かに11月にはいったらあちこちでクリスマスの飾りが見られるようになりましたし、シュトッツガルトのsfさんも書いていらしたようにアドベンツカレンダーなどといったクリスマスの商品がもう沢山並んでいます。
ハノーヴァー市内の11月23日現在のクリスマスデコレーション撮影してきました。Weihnachtsmarktクリスマス市はまだ準備中でした。今週末から始まるようです。
null
まず中央駅の正面入り口です。この前にクリスマス市の出店が並びます。
nullnull
日本でいったらエポカのようなセレクトショップ”Donna"のウィンドウディスプレーはやっぱりちょっと洗練されてますね。
今年はベルリン動物園で生まれ大人気をよんだ白熊Knutに似せた白くまの置物も売られています。小さいほうで約6ユーロ。
null

デパートKaufhofのX'mas用ディスプレーはレゴで作られています。
nullnullnullnull
ちなみに店内に飾られているドイツの定番のお土産品胡桃割り人形を撮影したら店員さんに怒られましたっ!!
nullnull
こちらの老舗の婦人服やさん(そのいい方ってあまりにも古臭いですか?)では鹿が入り口上に乗っかっています。
nullnull
正直いって東京の洗練されたクリスマスデコレーションには決してかないませーん!スワロスキーの顔ほどもある大きなダイヤカットされたクリスタルの写真を見させてもらいましたがそーいったものはここハノーヴァーで見かけることは決してありません!ベルリン(アウトバーンを飛ばして片道3時間)やミュンヘン(同じく6時間)にいけばもっとずーっと華やかだろうと思います。でもなかなか簡単にはいけないのじゃ。
nullnull