いやあビックリした・・・
というよりも「ビックリした」というメールが友人知人よりたくさん届いた・・・
田原総一郎さんにJ-WAVE Wake Up Tokyoにきていただいた縁で
お願いをして見学をさせていただいた テレビ朝日 の名物番組
朝まで生テレビ

深夜1時20分からの生放送のため、12時半に来てください
とのことだったので、到着すると・・・席に案内されました。

え? ここ?

めちゃくちゃ目立って写るところじゃないですか・・・
はずかしいっす。

すると、お客さんへの前説(拍手の練習などおなじみな感じ)がスタート。
注意事項が説明される。
「カメラに向かってのポーズはご遠慮ください」

なに? だめですか? いつもは要求されるのに・・・笑

その後はリハーサルが行われあっという間に本番10分前。
ちなみにリハーサルはアナウンサーさん以外はダミーのスタッフが担当。
田原さんや出演の政治家さんたちは一発本番なんですね。
(あたりまえか・・・討論のリハーサルしてたら怖い)

ここから3時間10分の生放送・・・いや 合宿 がスタート!

なにが 合宿 かっていうと・・・
水分はCM中以外飲んじゃいけなくて、トイレももちろんCM中のみ。
そしてなんだかやたらめったら画面に映るもんだから
気合を抜いてドベッとも座れない
(いやいやわかってますよ。僕なんて見られてないけれども・・・
でも僕の前にいた片山虎之助さんがしゃべるしゃべる、すると映る映る。笑)

テーマは 官僚国家ニッポン
日本の官僚が破綻していてさあどうする、といった議論。
政治家と元官僚の方々が集合して話し合う。

議論が盛り上がってきたころ・・・スタッフから「CM」のカンペ。
しかし・・・議論は続く。田原さんは全くCMにいく気配なし
発言が終わっても田原さんもほかの人の発言を促す。
だんだんスタッフの顔が引きつってくる・・・(でも慣れっこだろうけど)
ついには別のスタッフがほかの場所からも「CM」のボードを出す!
それでも田原さんはCMに行かない。
それはまるでCMを舞台にしたスタッフvs出演者の戦争。
そしてついにタイムアップ、議論の途中で強制CM突入。
あわてて田原さんも「CMです」とアナウンス。
ここまで最初に「CM」ボードが出てから・・・なんと30分以上!笑

CM中は意外と静か。政治家同士もひそひそ話すが勢いは一休み。トイレに行く人も多数。
司会の田原さんは他の出演者とは一切話をせず
プロデューサーを呼んで作戦会議。
ひそひそと たぶん次の議論の展開、誰に話を振るのか、
など2分半のCMタイムの間に綿密に打ち合わせる。
そしてCMが終わったと同時に、田原さんは突然、出演者に質問を浴びせる。
緊迫してます。

前日の朝からずっとおきていたので午前も3時を回ると、眠い!
友人から「顔から表情が消えてた」と突っ込みを入れられてしまった・・・苦笑
議論は面白いんだけど・・・朝まで緊張して「聞いているだけ」ってやっぱつらい・・・

「勝負に負けたら朝生のお客さんとして参加する」っていう罰ゲームがあったら正直・・・ひよるだろうなあ。

そして3時半ごろ・・・ようやくCMタイム。
するとスタッフが「エコノミー症候群防止のため体操をします」と体操タイム。笑
お客さんが大学生が多いのがわかる!これは若くないときびしっす。

そして4時20分。長い討論が終了。
この充実感はなんだ?達成感は何だ?
周りの客と抱き合って健闘をたたえあいたいぞっ。

スタッフに案内され田原さんにお礼の挨拶をする。
(改めて70代であの時間に司会をする怪物的気力に感服)

田原さんは終了後すぐに帰るらしいのですが
他の出演者はなんと控え室に戻ってここからさらに議論を続けるそう。すごい
昨日はわりと和気藹々とした雰囲気だったのですが
議論が白熱した回などは大部屋がピリピリムードなんだそうです。

というわけで家に着くまでが合宿。帰ったら・・・バタンキュー