ドイツ語で書くなら本当は EM2008(EuropaMeisterschaft=ヨーロッパ選手権)
予選リーグ、全グループの1stラウンドが終わった。

感想は・・・ドイツいけるぞ!

初戦でみせた安定感は抜群。
ポルトガル、オランダとスペインもかなり強敵ですが
優勝は不可能ではない!

その優勝のための条件はズバリ!

"フリングス完全出場"

ドイツの中盤の底を支えるボランチのフリングス。
彼のプレーの「読み」がドイツのピンチをピンチになる前に、
未然に防いでいる。
これはもちろんドイツワールドカップ(WM)のときもそうで、
僕の中ではフリングスはMVPでした。
そしてそのWMではフリングスを出場停止で欠いた準決勝で
イタリアに敗れ3位という結果に。
この試合は0-0のまま延長に突入して敗れたわけですが
フリングスがいれば結果は違っていたはず。

つまり今回もフリングスが完全に出られればEM、4度目の優勝もかなり近づくのではにでしょうか?
次の試合は木曜日、クロアチア戦

ポーランドとの因縁の試合にポーランド帰化選手のクローゼとポドルスキーの2人を先発させた
レヴ監督の男義ある采配にも注目!
Sascha