ドイツに戻ってきました!
朝晩は寒いものの11月とは思えない暖かさ!
ミュンヘンの今日の最高気温は18度の予報!!
バイエルン州は今週は秋休みなので町に人がいっぱい

さて、今日は家の周りで見つけたドイツの交通標識をいくつか紹介したいと思います

まずは・・・
歩行者
これは歩行者のマーク
つまり歩道ですよってこと

遊び場
こちらは車も通行するけど遊び場としても利用できるという意味の看板
郊外の交通量の少ないところにあったりします。
ちゃんと子供たちの場所が確保されているところがドイツらしい
(気をつけて遊んでね、ということ)

学校
これは車に対する標識で
近くに学校があるので子供注意の意味
イメージはお姉ちゃんと弟?かわいいです

一方通行
一方通行の標識
Einbahnstrasse(エインバーンシュトラーセ)と書いてあります
そのまんま「一方通行道路」という意味
ちなみに大きなBみたいな文字はssとsが二個続くときに
代用するドイツ独特の文字で「エスツェット」と言います。

30
ここから時速30kmゾーン開始
住宅街に入るということになります
ちなみにドイツの制限速度は大まかに言って
住宅街 30km 町中 50km 森の中など町の外の幹線道路 100km
高速道路 130km もしくは無制限!

30_2
30kmゾーンを反対側から見るとこの通り
灰色になって斜めに線が入っているとドイツでは「この制限終了」ということになります

オマケ・・・
グラス
スーパーの前の歩道の手すりがガラス回収ボックスになっていてオシャレ!
ガラスは色ごとに回収します 茶、緑、白・・・
グラス2