リアルなドイツを伝えていくこのサイトでどうしても触れなければいけないものがあります!それは・・・

ディーゼル

というとどういうイメージですか?

うるさい・・・くさい・・・環境に悪い・・・

実は、これは以前のディーゼルのイメージなんです。
今は技術が発達して、むしろディーゼルはそのまったく逆の性格を有しています。

燃費が良い。ガソリンに比べてCO2排出量が少ない。静か。パワーがある。安い!

これが今のディーゼルの本当の姿なのです。
しかもバイオディーゼルを使えば、原料も天然油だったりするので石油も使いません。

特にガソリンの値段が高騰している今・・・気になりますよね!

そういう事実が重なってヨーロッパではディーゼル車が支持を受けています。
ドイツでは新車の70%がディーゼル車だというデータも!
とにかく街を走っているとほとんどがディーゼル車というのが走った感想です。

そんなディーゼル車が国内でもついに発売になります。

発売になるのはメルセデスベンツのEクラス。

早速、発売前のこのEクラスディーゼルを試乗させていただきました!

全体
こちらがそのE320 CDI
外観は通常のガソリン車とまったく変わりません。
(派手なペイントは試乗車なので・・・笑)

内観
もちろん内部のインパネも同じです。
つまり一見乗っただけではその違いはまったくわかりません。

ただし、運転してみると・・・違いは歴然。
まずはディーゼル特有の低速のトルクの弱さを補うためにターボが組み込まれているので
発進直後の伸びはすごい!
3Lディーゼルだとガソリン車でいうと 5L と同じパワーなのだそうです。

そして燃費はL=16Kmほど。当然ガソリンスタンドで軽油を買えば 
ガソリン(それもレギュラー)よりもL=30円は安いので
同じクラスのガソリン車に比べれば、
同じ距離を走ったときの燃料費は30~40%ほど という計算になります!

ヨーロッパ人がディーゼル車を購入する理由がわかりますよね!

前
夜の走行ももちろん静か。騒音が気になる人にも優しいです。

後l
これが後ろからの眺め。通常のEクラスとかわりませんが・・・

CDI
右上の CDI の文字がディーゼルの証。

まずはEクラスでスタートする日本におけるディーゼル販売。
この車で日本での遅れたディーゼルへの意識&偏見がかわるのか?
地球環境を考えた車の買い替えをするならば
ディーゼル車もひとつの選択肢になるはずです!

僕もファンになっちゃいました~ ほっすぃ~

ドイツの最新テクノロジーを是非!

詳しくはメルセデスベンツのサイトをチェックしてみてください!

メルセデスベンツ・ディーゼル特設サイト
Sascha