看板
日比谷公園で6月3日まで行われている ジャーマンフェスト に行ってきました!

以前ここに書いたときは「オクトーバーフェスト」と書きましたが・・・
東京会場はジャーマンフェストと名乗っているようです。

期間中ドイツのビールとソーセージを初めドイツ料理が食べられるイベントです!
男
オクトーバーフェストといえば、もともとバイエルン王国の王女が結婚したのを祝って
王家がミュンヘン市民にビールを振舞ってお祭りにしたのが始まり・・・
そんな実にめでたいお祭りオクトーバーフェストを日比谷公園で!
全景

テントの中で食すもよし、
テント
外のベンチで飲むもよし・・・
サッシャ

ステージ
ステージではドイツ音楽などのパフォーマンスもあるので
ドイツのビアホールにトリップしたかのような雰囲気でビール気分を盛り上げます!

ドイツから直輸入したビール&料理が味わえるブース
フランツィスカーナシュパーテン
ビールのブランド名がブースの名前になっています!

spaten1
spaten2
シュパーテンブースでは本場のオクトーバーフェストでも飲まれるビールをいただけます。

サーバー
ちゃんと本場ドイツの本物のビールサーバーから注いでくれます!
ドイツでは泡の分量も正確に入れるのがマイスターの仕事。

weissbier
こちらはビールが苦手な人でも飲みやすい 南ドイツの白ビール Franziskaner Weissbier
女性にも人気!

lager
そしてこちらはSpaten Lagerbier
なんと世界初のラガービールがこれ! 現在も変わらぬ味を楽しめます。
まさに「ザ・ラガー」!

そのほか会場で見つけたドイツ料理は・・・
プレッツェル
ドイツから直輸入したビールには欠かせないパン、プレッツェル
ビアホールでは必ずといっていいほど食べます。
かかっている岩塩は、しょっぱすぎる場合は落として食べるのがコツです。
(無理してそのまま食べるとめちゃくちゃしょっぱくてのどか沸くんだこれが・・・
 その分ビールがどんどん売れるわけだから・・・うまい商売だなあ!)

カリーヴルスト
こちらはdoitsujapanの各ブログでもおなじみのベルリン名物 カリーヴルスト(カレーソーセージ)
ソーセージにドイツではスーパーにも売っているカレー味のケチャップと、
さらにカレー粉をまぶして食べます。

マウルタッシェ
ドイツ風ラビオリのマウルタッシェ
南ドイツの郷土料理
肉や野菜が詰まったパスタです。
会場では茹でてソースをかけていましたが・・・
そのほかにも焼いて食べたりと食べ方も様々。

schweinebraten
焼きブタのSchweinebraten
シンプルな味付けで特製の沖縄産豚をいただきます!
そしてなんとこの豚・・・

会場で丸焼き実演つき!

「いつもより多めに回っております!おめでとうございます!」

ただビールを飲むだけじゃない!ジャーマンフェストは6月3日まで
日比谷公園で開催中。