ステージ+サッシャ
8回目のSummer Sonic
最もアツいSummer Sonic
最も暑かったSummer Sonic
空

楽しかった!
8年目のサマソニで8回目のメインステージMC
今年も千葉マリンスタジアムのマリンステージで2日間MCをやらせていただきました!
MC
↑サマソニのオフィシャルギャラリーをチェック!

今年は異常に暑かったのを除けばフェス的なハプニングは珍しく少なかった2日間でした。
(過去には電源が落ちる機材トラブルでオアシスを40分待たせたり・・・ガンズは1時間ぐらい来なかったり・・・笑)

そんななかで僕個人的なハイライトはThe Goo Goo Dollsとの再会!
忘れもしない98年秋、当時の僕はまだ大学生で
MTVのVJオーディションに受かり修行中の身。
まだ番組を持たせてもらえる前で、修行を兼ねてカメラの後ろで
外国アーティストのインタビューなどを3ヶ月ほどやっていました。

その記念すべき、人生初インタビューがGoo Goo Dollsだったのです!
映画「シティー・オブ・エンジェル」の主題歌「Iris」のビックヒットを受けて
プロモーション中だった彼らにインタビュー。
ところが・・・相手が答えている最中に僕は緊張のあまり持っていたメモを落とし
場の空気がかたまって・・・僕はもう逃げ出したい気分でした。
ところがグーグードールズの3人は怒るどころか・・・
メモを拾ってくれて笑顔で答え続けてくれました!涙

それ以来、僕は個人的に大応援団長就任。

そしてそんな彼らに9年ぶりに再会・・・もちろん・・・憶えててくれてる・・・

わけはなく(苦笑)

でも、いきさつを話したら、ものすごくフレンドリーに接してくれて余計ファンに!
さすが苦節10年、キャリア20年のアメリカを代表するロックバンド・・・
懐の広さが違うぞっ
てなわけでライブ後にVo.Johnと記念写真。宝物です
sascha&John

ところで、Goo Goo Dollsの楽屋に日本人がいて・・・
その彼を紹介されたら・・・

なんと!

小林尊さんでした!!!
sascha&takeru
そう、毎年恒例のニューヨークのホッドドック大食い選手権で大活躍の小林尊さんです。
Goo Goo Dollsのメンバーが彼のファンらしく、ライブに招待したとのこと。
やっぱりすごい小林尊さん、アメリカ人から見ると日本で知っているよりも大英雄なんですね!

話はとんで・・・
ステージの幕の裏ってどうなっているのか??気になりません??
実はこのように仕切られていて二重になっています。
ステージ裏
このときは何にも置いてませんが、
本来は次のアーティストの楽器などが用意されて置いてあります。
短い転換時間でも楽器を定位置に設置できるように工夫されてるんですね!

そして今年も撮ってきましたステージ上から!
マリンステージの舞台上からお客さんを激写!
(一番上の写真は僕も入れて撮ってもらいました)
日曜日のKasabian前の盛り上がりと熱気が伝わってきます!
オーディエンス
みんな楽しそうな顔してる!
ちなみにフルサイズ・ヴァージョンも用意しましたので写っている人は自分の顔をチェック!

・フルサイズ(壁紙仕様)

そして陽も落ち、いよいよラストのアークティックモンキーズ
サマソニ史上、デビュー最短&最年少ヘッドライナーの記録を作った
彼らを待ちわびるお客さんが夜のマリンを彩ります
ステージ夜ヴァージョン

アークティックの間髪いれず、ほとんどしゃべりもせず、怒涛の1時間半の演奏が終わり
恒例の花火が幕張の空に上がり・・・お疲れ様でした!
暑い中がんばって盛り上がってくれたサマソニ参加のみなさん本当にありがとうございました!
See You Next Year!
また来年