今渋谷で公開されて話題の映画があります
オーストリアとドイツの共同製作映画 

いのちの食べかた

ヨーロッパでは2005年に Unser Taeglich Brot (Our daily bread)として公開され
数々の映画祭で賞を受賞した映画です。

この映画・・・台詞は一切なし!
私達が日々口に入れている食べ物がどのように作られているかを
淡々と映像に収めたドキュメンタリー。

ハウスでのきゅうりから、りんごの収穫などの野菜や果物はもちろん
鶏、豚、そして牛が処置されて解体されていくさまを
あくまでも冷静に脚色なしにドライに映像に捕らえていく。

農薬の散布から動物を殺す瞬間までショッキングな映像が続くが
作業している人々はこれが毎日のルーティーンワーク。
何事もなかったかのように作業を続ける。

そして映像はどこまでもシンメトリー。
左右対称の美しい映像が並ぶ。
思うに「シンメトリー」とは人工的なものの象徴として描かれているのではないか?
自然界では例えば人間の顔がそうであるように左右は微妙に違う。
でも農業用具やハウステント、家畜のいる建物までどれもシンメトリー
そのシンメトリーの映像が並ぶと・・・そこには美しさと同時にどこか怖さが伝わってくる。

この映画に登場している人々は私達の食卓を支えているわけで
現在の人口を賄うためには現在のような効率重視の食糧生産をしなければいけない。
しかし、そこには当然ながら命の尊さは2の次。

少なくとも私達は普段目にすることのない、この映画に登場する工程をたどって
食べ物が私達の口にたどり着いているということを知るべきなのだ!

作業員達のそれぞれの食事シーンも印象的です