いよいよ明日からワールドカップが始まるということで、盛り上がりを見せているドイツ。

ミヒャエル・バラックは、初戦出場断念ということで、
ドイツチームの勝利が危ぶまれておりますが。

本日木曜日18時より、土曜まで、テュービンゲン大学の社会行動科学部、経験文化学研究科において
ポピュラーにおける美-マス芸術の美学へと題して、文化学的な対話を目指した学会が開かれます。
ちょうどテュービンゲンにいまーすとか、興味があるという方、一般参加自由です。

で、それとサッカーと何の関係があるのよーと思われるでしょうが、
明日、ワールドカップ開催日の金曜日、午後17時からの講演テーマは 

動きのあるフォルム-動きの中のフォルムということで、「身体的な催しおよび美学的な経験としてのサッカー」


そして、それに続く18時からは、研究科の大討論室でスクリーン上映で、ワールドカップ初戦が観戦できる、と。
もちろん、ビールにワインにソフトドリンクが販売されます~。

スケジュール、ドイツ語ですが、貼り付けておきます。

Tübinger Kulturwissenschaftliche Gespräche (6):
"Die Schönheiten des Populären: Zur Ästhetik der Massenkünste"

Org.: Ludwig-Uhland-Institut für Empirische Kulturwissenschaft
Ansprechpartner: Prof. Dr. Kaspar Maase, Tel.: 29-78391, Sekretariat Tel.: 29-72374

Freitag, 09.06.2006
9.00 Uhr Reinhard Johler (Ludwig-Uhland-Institut): Begrüßung
9.15 Uhr Kaspar Maase (Tübingen): Die Erforschung des Schönen im Alltag. Thesen
10.15 Uhr Knut Hickethier (Hamburg): Die Ästhetik des Populären in Fernsehen und Film
11.15 Uhr Kaffeepause
11.45 Uhr Andreas Platthaus (Frankfurt/M.): Fumetti - Der Comic schwebt zwischen den Extremen
12.45 Uhr Mittagspause
14.30 Uhr Susanne Binas-Preisendörfer (Oldenburg): Popmusik-Ästhetik zwischen kultu-reller Praxis, Medientechnologien und kommerzieller Organisation
15.30 Uhr Winfried Fluck (Berlin): Ästhetische Konzepte in der Geschichte der US-amerikanischen Populärkultur
16.30 Uhr Kaffeepause
17.00 Uhr Thomas Alkemeyer (Oldenburg): Bewegte Formen - Formen in Bewegung. Fußball als körperliche Aufführung und ästhetische Erfahrung
18.00 Uhr WM-Eröffnungsspiel Deutschland - Costa Rica

興味のある方、
テュービンゲンのお城の中にある研究科で講演会および観戦が行われます。
講演は、考古学研究科のホールにて。
観戦などは経験文化学科が入っている、お城の中庭を通り越した先の、かわいい建物です。