0.5L中身だけで約90円

ドイツと言えばビールですが、調べてみるとドイツ国内だけでも1200以上の醸造所があり、そこで作られるビールの銘柄は全部合わせて5000種類にものぼるそうです。
多いとは思っていたけど、そんな数とは知りませんでした。世界の1/3の醸造所がドイツにあるそうです。

日本のようにひとつのメーカーが季節ごとに異なる味、風味、名前で次々と新製品を出すという事は無く、各醸造所はそれぞれの伝統の味を守り続け、いつも同じ味、名前のものを売り続けます。

シュトゥットガルトのビールと言えばStuttgarter Hofbraeu (シュトゥットガルター・ホーフブロイ)。これは少し甘めで口当りの良い(つまりごく普通の味の)ビールなんですが、この時期ラベルがクリスマス仕様です。

☆ラベル拡大


先日昼間にスーパーで買い物をした時のこと。レジのベルトコンベアー(風のもの)に自分が買う商品を並べ終わって番を待っていると、前のおばさんがビール一本だけ買うのが目に止まりました。ビール一本だけ買う→今すぐ飲みたい?の形式が頭に浮かびましたが、いくらドイツとはいえ、このこざっぱり風の、いかにもきちんとした身なりの初老の婦人に、その図は余りにも合わないので不思議に思っていると、ベルトコンベアーが少し前に動いた拍子に、そのビール瓶がゴロンと転がってラベルが上向きになり、そして見えたのがこのクリスマス仕様の可愛い絵でした。

その後、結局自分もそのおばさんのように、ビールだけのバラ買いをする羽目になったのですが(私の品物はもうベルトの上+このビールは普段飲まないのでケース買いは問題外)、そうして買ってきたこのビール、家でじっくり見てみると、きちんと裏のラベルもクリスマスしてました。☆裏ラベル
あのおばさんも実はラベルが可愛いから買ったんでしょうか。案外毎年集めてたりして・・・。

ドイツの典型的なクリスマスソングが聴けるサイトがありました。但しちょっと歌謡曲風。