賞品はもうどうでもいいです
どうでも良い事なんですが・・・。
先日のパン工場のクッキー数当てクイズ(11/20のBrotfabrik参照)、新聞やチラシ広告での発表を待っていたのになかなか出ないので、例の工場隣接のパン屋に行ってみると、入り口のドアに答えが貼ってありました。

・・・ グラスの中のクッキーは349個でした ・・・

でもそれだけで、やっぱり何が当たるのかも、誰が当たったのかも書いてありません。
中でパンを買ったついでに店の人に尋ねてみると「知らない」との答え。「自分達はここで品物を売っているだけなので、そういったことは分からない」んだそうです。
Typisch deutsch !
これってとってもドイツ的、と私は思います。

☆おまけ☆ 家に帰った後友達から電話があったので、もしやあのクイズに参加したのではと思い聞いてみたら「した」との事。
ところがやっぱり彼女も、賞品が何かは知らないままでクイズに応募してました。