2005年のクリスマスマーケット Wikipediaより転用
いよいよ今日からシュトゥットガルトでもWeihnachtsmarkt開催です。
300年以上もの歴史があると言われているこの地のクリスマスマーケットは、ヨーロッパの中でも「大きくて美しいクリスマスマーケット」の一つに数えられ、300弱のスタンドが並び、毎年世界各国から300万人以上の人が訪れるそうです。

Markt-,Schiller-,Karls-そしてSchlossplatzの4ヶ所と、その間のHirschstrasse,Kirchstrasseにはクリスマス関連の品物を売るスタンドや、グリューワインを始めとした飲み物、ソーセージはもちろん他のドイツならではの料理を楽しめるスタンドが所狭しと立ち並びます。
去年のKrippe 友達撮影

この地での見所の一つは、スタンド屋根上のデコレーションです。ただの飾りではなく、キリスト誕生等の聖書のお話を再現したミニチュアを置くスタンドも多いので、一見の価値ありかも知れません。

アンティークなクリスマス用品をお探しの方はKarlsplatzへ。ここでは古い(そして高価な)玩具やKrippeクリッペ(上記の聖書のお話のミニチュア)用の珍しいフィギュアなどのスタンドがあります。


大人も乗れるミニ蒸気機関車 友達撮影
様々なアトラクションもあり、旧宮殿の中庭や市役所前では定期的にミニコンサート(たいてい夕方)、Schlossplatzでは子供達の為に毎年ミニ移動遊園地が設営されます。本物の蒸気機関車を使ったミニ機関車は毎年大人気です。またメルヘンの語り聞かせや魔法使いのミニ・ショー等プログラムも盛りだくさんのよう。

さらには材料費のみで工作が出来たり、Lebkuchenherzen(よくお祭りで売っているハート型の大きなクッキー)に自分で模様や文字を書いたりできるコーナー、クリスマスのクッキーを焼けるコーナーと、こんなに色々できるなんて知りませんでした。
去年のKrippeその2 友達撮影

小さい子供がいる人の為には、マーケット期間中市役所の中に無料で子供を預けられる場所が出来るそうでうす。15時から19時間までで、定員も20人と少ないのが難ですが、それでもそんなところがあるだけでもすごい。そういえばドイツ人って、小さい子供がいても、その子供抜きで、親も自分達の生活を楽しめなければいけない、って考える人が沢山いますね。

シュトゥットガルトのクリスマスマーケットは11月30日(木)から12月23日(土)まで、毎日10時から21時までの開催です(但し日曜のみ11時から)。
HPはこちらから。マーケットの写真(Bildergalerie)が見れます。クリスマスソングの歌詞(Weihnachtslieder)やクッキーのレシピ(Leckere Rezepte)もあります。