クリスマスマーケット初日の風景です。

市役所前 毎年立ってます
市役所前の様子。左手のところで夕方ミニコンサートなどが行われます。その近くにある巨大くるみ割り人形。くるみと口が動いて、単純な仕掛けなんだけど、つい立ち止まって見入ってしまいます。

可愛いけど美味しくありません(私的には) ドイツと言えば木のおもちゃ?
左がお祭りには欠かせないLebkuchenherzenで、Ich liebe dich! (愛してる! ) とかGruss von Weihnachtsmarkt Stuttgart (シュトゥットガルトのクリスマスマーケットからこんにちは) とか、まあそんな文句が書いてあります。クリスマスですからもちろんFrohe Weihnachten (メリークリスマス) というのも有ります。右はおもちゃ屋さん。住んでる人には日常品ですが、木製のおもちゃは日本へのお土産にもなります。

ドイツ人ってロウソク好きだと思います ちょっとメルヘンチック
蝋燭やさんも沢山あります。家の中をちょっとお洒落にして、蝋燭灯して雰囲気を出して、そんな風に生活する人周りにも結構います。右はSchlossplatzのミニ観覧車。夕暮れ時は特に綺麗!でも大人だけで乗るのは勇気が要るかも・・・

手前のおじさんオクトーバーフェストから来てます じっと見てるとなんだか笑えます
この人形達は御香を炊くためのもので、高さ約15cmぐらい。お腹が空洞になっていて、背中にある穴からお香を入れると口から煙が出てきます。色々な香りがありますがこの時期はやっぱりシナモン系です。シナモン=クリスマスの香りって感じ。一体25ユーロぐらいからで、ビールジョッキ8個持ってるおじさんは61ユーロもします。
お醤油かけてご飯で食べたい

ソーセージに飽きたらこんなのも有ります。サバのグリルですが、日本の焼き魚と同じです。ただ塩かけてパンで食べるのがドイツ式。

初日で時間も早かったので人はまばらでしたが、食べ物のスタンドはどんどん料理を作っていて、お客さん来なくて売れ残ったらどうするの~?とこっちが心配になるくらい。

でも土日になるとスタンド間の通路は人で埋まって、歩くのも大変なほどの混み様になります。