最近のトレンド 丸太サンタ 玄関先においたりします

私が住む田舎町ではクリスマスのデコレーションも質素です。

Marktplatzの巨大ツリー
Marktplatzに立てられた巨大クリスマスツリーも
素のまんま。
お店はもちろんそれなりに飾りつけがされていますが、日本のようにジングルベルは聞えて来ません。
一般の家では庭の木に小さなライトを沢山つけたり、ドアにリースをぶら下げたり、玄関先に飾りをおいたりする人もいます。










↑ここをクリックで上の写真拡大
                    右の写真拡大→

数年前にサンタクロースをぶら下げる飾りが出回って、一昨年、去年辺りはいたる所にサンタがぶら下がっていました。このサンタ、付けたばかりの時には、窓から家に入ろうとしている形がまだ保たれていいんですが、何日も経つうちに雨や雪や風にさらされて、クリスマス明けごろにはボロボロで、いかにもみすぼらしい姿に。今年は流行がすたれたのか余り下がってません。あ~よかった(個人的な感想)。

イスラム教の子供もいますが・・・

こちらは私がVHS日本語クラスの時に使わせてもらっているRealschule(5から10年生まで)の5年生の教室です。
沢山のサンタはアドヴェンツカレンダー。生徒達が毎日交代で一つずつ開けていくと、中に小さなプレゼントが入ってるしくみ。

余談ですが、ドイツでは子供が学校で先生から、ご褒美にグミや飴などを貰ってきたりします。先生にもよりますが、学校でお菓子配るのも特別なことではないみたい。
始めて知った時には、ビックリでした。