暖かくなってきたので、最近は朝市でのお買い物がお気に入りです。

マルクト

日本の筍に変わる興味をそそる食材が沢山あるので紹介します。



大黄

ルバーブと呼ばれるこのお野菜は「大黄(だいおう)」です。

Rhabarber

↑この写真は大家さんが育てている大黄です。
お店で売られている姿は知っていても実際に
育っている姿を知らなかったので嬉しかったです。

味は、とても酸味が強くそのままでは食べれません。
主にコンポートや、ケーキとしてたっぷりのお砂糖と一緒に料理されます。

↓これがルバーブケーキです。
ルバーブケーキ

大家さんが作ってくれた自家製ルバーブケーキ。
とっても美味しかったです。
(私も一度ケーキを作った事がありますが、お砂糖が
少なくてとっても酸っぱかった思い出があります。
今年はリベンジします。)


さて・・・次のお野菜です。

Rote Bete

ローテベーテ=赤カブです。


赤カブ

日本の赤カブとは違って中まで真赤です。

この野菜を使って料理をしているとそこらじゅう
赤くなってしまって大変です。
手も真赤になるからちょっと怖いですよ。
(洗えば落ちるので大丈夫です。)


そして最後に・・・

Eiszapfen

氷柱と言う名のお野菜です。
小さい大根みたいです。
シャキシャキ歯ごたえも良くて美味しいです。

今回はここまで~。
日本では見かけないお野菜がまだまだ沢山あるので
また改めてご紹介したいと思いま~す(^^*)