今週の日月はPfingstenで祭日です。

私が住む町Vaihingen an der Enzでは毎年この日前後が
Maientag(マイエンターク)というお祭りの日。
Baden-Württemberg 州でも最も古いお祭りの一つとされる、
由緒あるお祭りでもあります。
もともとが子供の為の郷土祭り、今でももちろん主役は子供達です。



毎年Pfingstmontag、プフィングステンの月曜にパレードが行われます。


↑わが町のシンボルはLöwe、ライオン。
何だか張りぼてっぽいライオンも馬に引かれてやってきました。


今年はあいにく雨模様。しかも気温が上がらず寒い寒い。
こんな天気をこっちの人はnasskalt(nassは濡れた、kaltは寒いの意味)といって
忌み嫌いますが、今日はまさしくそんな天気。
沿道の大人達(例えば私)は骨の髄まで冷え込みました。数日前は31度だったのに(涙)

レンズに雨の水滴が
↑街を練り歩くパレードの花形はやっぱり可愛い女の子達。
誰でも一度はこんな格好してみたい(かも?)


↑こちらはMaientagのメインプログラムでもあるFlößertanzを踊る中学生くらいの生徒達。
(Flößerは筏で木を運んだ筏師のこと、Tanzは踊り)


↑昔風の乳母車には人形と思いきや・・・可愛いっ!本物の赤ちゃん!


↑パレードに参加する小学生の女の子は生の花冠をかぶるのが決まりなんですが、
これはメス犬ってこと?


ファッシングの時と同じように、パレードの最中には
沿道の人々に飴やグミが投げ振舞われます。
この辺はワインの産地ですから、
もちろん試飲サイズのワインも♪
でもこの寒さだから、大瓶そのまま欲しかったかも…^^;

パレードの後は広場の特設会場で、
子供達による詩の暗唱やコーラスの発表。
そしてお祭りの期間だけ出来てる
移動遊園地で遊びます。

のどかなドイツの田舎のお祭り、
何だか昔の洋画に出てくるワンシーンのようです。






おまけの映像