ベルリンやフランクフルトではお馴染みのDB Call a Bikeがシュトゥットガルトにもやってきました。



これは市内40箇所に設けられたステーションに置いてある自転車を
電話でロック解除して使う貸し自転車システムで、
シュトゥットガルトの場合、ステーションならば何処でも乗り捨て自由です。
(他の都市では大きな交差点に乗り捨て自由)

この自転車を使うにはまず電話かインターネットでの登録が必要ですが、
料金は最初の30分無料、そのあと1分8セントとお手頃。
バーンカード(ドイツ鉄道が割引になるカード)を持っている人なら
1分6セントとさらに割安です。



まずこの箱についている電話番号に電話して開錠コードを教えてもらいます。

箱の上面が蓋になっていて、パカッと開けるとディスプレイがあるので、
そこにコードをインプットすれば鍵が開く仕組み。

使用中一時停車したい時には、それ専用のロックで施錠。
また乗る時に最初の開錠コードが使えます。



返す時にはステーションの鍵をセットすれば
返却コード(これは私の命名)がディスプレイに出るので、
そのコードとステーションコードを先と同じ電話番号先に伝えればOK。

生活がシュトゥットガルト拠点の人にはとても便利なシステム、
先ほど1分8セントと書きましたが、1日の最高額は15ユーロ。
続けて4日以上借りるなら一週間まで60ユーロ均一です。

料金は銀行引き落としかクレジットカード払いなので、
インターネットでの登録さえクリアすれば、旅行者または
ドイツ長期滞在者の方でも使えるんじゃないでしょうか。
(ただし日本の携帯で使えるかは不明ですのでDBに問い合わせをお勧めします)

忙しいヨーロッパ旅行、たまにはゆっくり一泊して
シュトゥットガルトを自転車でくまなく見て回る、なんてのもいいかも?

一度登録すればCall a Bikeのある全ての都市で利用できます。