アフリカのルワンダから女子サッカー代表がドイツのコブレンツにやってきて合宿を行った。ルワンダはDFB(ドイツサッカー協会)やラインラントサッカー協会などからサポートされていて、これまでもルワンダ代表U18などがコブレンツにやってきて合宿を行っている。

null
<ドイツのチームと練習試合をこなす>

 2007年にコブレンツで行われた第1回インターナショナルコーチライセンス講習に参加した時にルワンダのコーチやルワンダサッカー協会のテクニカルアドバイザーを務めるドイツ人のミヒャエル・ヴァイスと知り合った。その後、講習に参加していたヴィンセントが女子代表のコーチに就任し、今回、テクニカルアドバイザーのミヒャエルとともに再びドイツを訪れた。

null
<DFBのツヴァンツィガー会長(一番右)の姿も>

 DFB(ドイツサッカー協会)のZwanziger(ツヴァンツィガー)会長はラインラント・プファルツ州の出身ということもあり、試合会場には会長自らが顔を見せた。

null
<スポーツシューレの食堂にて>

2週間弱、コブレンツのスポーツシューレで合宿を行った。

null
<自由時間はキッカーで対決>

自由時間はキッカーや卓球でリフレッシュ。
3人と卓球で勝負し、3人とも打ち破った。負けられん。

null
<ルワンダコーヒー>

ヴィンセントからもらった本場のルワンダコーヒー。

null
<試合後、ヴィンセントと>

 ルワンダに飛び立つ前日、選手対スタッフチームでゲームが行われた。ルワンダサッカー協会副会長、監督、コーチのヴィンセントと一緒に、俺も急遽スタッフチームで出場することに。他にもスタッフチームにはミヒャエルやドイツ人のコーチ、食堂のおっちゃんなどが参加。審判はラインラントサッカー協会会長。
 相手は女子チームであろうと、スタッフチームは容赦なかった。結局大差でスタッフチームが勝利し、女子チームの選手たちをへこませることに。ちなみにミヒャエルはキーパーで後半から出場し、準備運動が足りなかったのか、太ももを負傷しすぐに交代した。

それではまた会う日まで。クルディマ・ブガチュ!