あるドイツに関する本を読んだら、「ドイツで一番有名な日本人は競輪の中野浩一である」と書かれていた。この本は10年以上前のものだと思うが、今のところ中野浩一を知っているドイツ人に出会ったことがない。ちなみに中野浩一は世界選手権を10連覇しているので、そのときにドイツでも有名だったのかもしれない。アートネーチャーのCMにも出ていた。

 実際にドイツで聞いたことがあるのは、小澤征爾、黒澤明、北野武、村上春樹など。あとは、自分の周りにはサッカー関係が多いので、やっぱりサッカー選手やスポーツ選手の名前がよく挙がる。サッカーでは中田英、中村、高原、小野、稲本がやっぱり知られているけど、中田が引退したことをまだ知らない人もいる。現在ヴォルフスブルクには長谷部が所属しているけど、アニメの影響のほうが強く、大空翼や日向小次郎のほうが知られている。ケンシロウやラオウを知っている人も過去に2人くらいいた。

 野球はほとんど普及していないので、イチローといっても全く通用しない。ウインタースポーツは盛んなので、スキージャンプの船木和喜を知っている人がたまにいた。日本、韓国、中国などの区別もつかないので、ブルース・リー、ジャッキー・チェン、ジェット・リーを日本人だと思っている人も多い。

 それ以外に日本といえば、定番の寿司、空手、侍、忍者、芸者、酒、神風などが思い浮かぶらしい。「こんにちは」、「さよなら」を知っている人もいるけど、混同していて出会った時にいきなり「さよなら」と言われるパターンも結構ある。