8月10日の金曜日にブンデスリーガ2007/08シーズンが開幕します。開幕戦は、昨シーズン優勝のシュトゥッツガルト対昨シーズン2位のシャルケ。新しいシーズンに向けて、各チームが補強を行いました。

<VfB Stuttgart (シュトゥッツガルト)>
昨シーズンの優勝に貢献したドイツ代表GKのヒルデブラントがバレンシアに、スイス代表FWのシュトレーラーがスイスのバーゼルに移籍。スペインのヴィジャレアルにレンタル移籍中だったデンマーク代表FWのトマソンが完全移籍。
ヘルタ・ベルリンからトルコ代表のオフェンシヴMFバシュトゥルク、レアル・サラゴサからブラジル代表経験のあるFWエバートンを獲得。
個人的にはメキシコ代表MFのパヴェル・パルドーと去年ドイツ代表デビューを果たした22歳のFWマリオ・ゴメスに注目。あるアンケートでは、90パーセント以上の人が今シーズン優勝は無理と回答。自分もそう思う。

<FC Schalke 04 (シャルケ)>
昨シーズン2位。ドイツ代表に復活したFWのクラーニが好調を維持できるかが鍵。トルコの双子アルティントップ兄弟のハミットがバイエルンに移籍。また、ブラジル人MFのリンコンがトルコのガラタサライに移籍したため、クロアチアとスイスの国籍を持つ19歳のラキティッチをスイスのバーゼルから獲得。司令塔として穴を埋めることができればチャンスあり。

<Werder Bremen (ブレーメン)>
昨シーズン3位。ポルトでチャンピオンズリーグ優勝を経験したブラジル人のカルロス・アルベルトがコリンチャンスから加入。ポルトからレンタル移籍中だったアルメイダが完全移籍。バイエルンに移籍したクローゼの穴を埋めることができるか?難しいと思う。

<FC Bayern Muenchen (バイエルン・ミュンヘン)>
作シーズン4位。今シーズンのチャンピオンズリーグには参加できず。自分で負け犬リーグと呼んでいたUEFAカップに参加する羽目に。そのせいもあって、かなりの大型補強を行った。
FWではペルー代表のピサロがチェルシーへ、オランダ人のマッカーイがフェイエノールトに移籍したが、ドイツ代表のクローゼ(ブレーメン)、シュラウトラフ(アーヘン)、イタリア代表のルカ・トニ(フィオレンティーナ)を獲得。MFではイラン代表のカリミがカタールへ、ボスニア代表のサリハミジッチがユーべへ、イングランド代表のハーグリーヴスがマンチェスターへ移籍。元ドイツ代表のショルは引退。代わりにフランス代表のリベリー(マルセイユ)、トルコ代表のアルティントップ(シャルケ)、パラグアイ代表のドス・サントス(ヴォルフスブルク)、アルゼンチン代表のソサ(エストゥディエンテス)、ブラジル代表のゼ・ロベルト(サントスから復帰)が加入。DFでは引退したフランス代表のリザラズの代わりに、ドイツ代表のヤンゼン(メンヒェングラートバッハ)を獲得。GKカーンは今シーズンで引退予定。
今年のドイツカップ1回戦では、3部リーグのチームに1-1の延長後、PKでぎりぎりで勝利。でも、強いと思う。自分の中で優勝候補。

<Bayer 04 Leverkusen (レバークーゼン)>
昨シーズン5位。ウクライナ代表FWがリバープールに移籍したため、昨シーズン得点王のギリシャ代表FWゲカス(ボーフム)を獲得。ブラジル人のロケ・ジュニオールがデュイスブルクへ移籍し、ドイツ代表DFのM.フリードリヒ(マインツ)とフランス人のファティ(ローマ)を獲得。何人かの若手がドイツ代表で試され始めているが、まだ少し早い。

<1. FC Nuernberg (ニュルンベルク)>
昨シーズン6位、ドイツカップ優勝。最小失点チーム。
正GKのシェーファーがシュトゥッツガルトに移籍したため、チェコのスパルタ・プラハからGKのブラシェックを獲得。チームには同じチェコ人のガラセク、ポーラック、ニクルも所属。ちなみにニクルは自分の所属していたボヘミアンズ・プラハ出身だがスタメンは厳しそう。

<Hamburger SV (ハンブルガーSV)>
昨シーズン、一時は降格圏内にいたが、オランダ人のスティーヴンス監督に代わってから後半戦に一気に盛り返し、リーグ7位まで浮上。
イラン代表のマハダヴィキアがフランクフルトに移籍。マインツからエジプト代表のモハメド・ジダンが加入。昨シーズンと同じようにゴールを量産すれば、チームもかなりチャンスあり。バイエルンについで自分の中で優勝候補。

<Bochum (ボーフム)>
昨シーズン8位。
得点王のゲカスとヘルタ・ベルリンへ移籍したGKドロブニーの放出はかなり痛手。代わりに、スロヴァキア代表FWのセステックとチェコ人GKのラストゥフカを獲得。リーグ残留できるか。

<Borussia Dortmund (ドルトムント)>
昨シーズン9位。観客動員数1位。
ドイツ代表DFメッツェルダーがレアルへ移籍、トルコ代表MFのサヒンがフェイエノールトへレンタル移籍。クロアチア代表のコヴァチがユーヴェから加入。
昨シーズン、ハンブルガーを首になったトーマス・ドル監督がその後すぐにドルトムントに就任。今シーズンはどうなるものか?

<Eintracht Frankfurt (フランクフルト)>
昨シーズン14位。何とか残留。
ガラタサライから稲本、ハンブルクからマハダヴィキアを獲得。昨シーズンのチーム得点王高原選手とともにアジア旋風を巻き起こせるか?

<MSV Duisburg (ドゥイスブルク)>
昇格チーム。昨シーズンはブンデスリーガ2部で3位。
元ブレーメンで得点王のブラジル人アイルトンを獲得したが、しっかり監督の言うことを聞くかどうか?

<TuS Koblenz (コブレンツ)>
自分の住んでいる地域のブンデスリーガ2部所属チーム。3部から昇格した昨シーズンは、初のブンデスリーガシーズンを乗り切った。元韓国代表のチャ・ドゥーリがマインツ加入。

シーズン開幕が楽しみです。