ブンデスリーガ第3節、Eintracht Frankfurt(アイントラハト・フランクフルト)対Hansa Rostock(ハンザ・ロストック)の試合を観にいってきました。昨シーズンのチーム得点王の高原選手に加え、今シーズンはトルコのガラタサライから稲本選手が加入し、日本人2人がどのような活躍を見せるか期待されます。

null
<黄色いスパイクの稲本選手>

 プレシーズンマッチで膝を痛めた高原選手はこの試合のメンバーには入っていませんでしたが、稲本選手はボランチでスタメン出場しました。スタジアムには44、000人の観客が入り、前半3分にアレックス・マイヤーが先制点を決めました。

 過去2戦はスタメンながら途中交代をしていた稲本選手でしたが、この試合は調子もよさそうで、ブンデスリーガ初フル出場を果たしました。サイドチェンジやフォワードへのロングボールを何度かきれいに決め、惜しいミドルシュートも放っていました。守備でも中盤の底でボールを奪い、バランスを取りながらも思い切ったプレーをしていたように見えました。ドイツのスポーツ誌Kicker(キッカー)の採点では3(1が最高、6が最悪)とまずまずの評価でした。

null
<ゴールに熱狂するファン>

 ロストックは3シーズンぶりに2部から昇格して来たチーム。ロストックのファンブロックには過激なファンが集まり、応援もかなり一生懸命でした。上の写真のフランクフルトファン3人組みが、「2部リーグ!」や「最下位!」などと挑発していたので、ロストックファンは柵に乗り出して怒り狂っていました。

null
<右サイドを突破するマハダヴィキア>

 Eintracht Frankfurtの「Eintracht」は、ドイツ語で「調和」や「協調」といった意味で、ドイツのチーム名の頭でたまに見かける名前です。自分の所属するチームにもEintracht Glas Chemie Wirgesと「Eintracht」がついています。フランクフルトファンたちは、「アイントラハト」の愛称でチームを呼んでいます。

 アイントラハトには日本人の2人以外にもイラン人のマハダヴィキアがプレーしています。ハンブルガー時代の高原選手の元チームメイトで、アイントラハトでもサイドバックとして攻守に貢献しています。アジアトリオでがんばってほしいです。ちなみに、マハダヴィキアは昔ハンドボールU14イラン代表のキャプテンだったようです。

null
<ゴール裏のファンに向かって>

 結局、アレックス・マイヤーのゴールが決勝点となり、アイントラハトが1-0で勝利を収めました。今シーズン好調なアイントラハトは