皆様こんにちは!トーマス&パートナーズ「芸術&文化ブログ」久々の更新です。今回のテーマは、ベルリンに住む日本人アーティスト!というわけで、Galerie ZERO での個展も大好評、今をときめくアーティストの星智さんにお話を伺いました☆




YUKO(以下Y):この度はGalerie ZERO での個展おめでとうございます。最初に、簡単な自己紹介をお願いします。

星さん(以下H):星 智 絵描き 29歳(在独2年半)です。

Y:今回の展示作品の見どころは?

H:人から発せられる光というのはどんな光なのか、言葉から感じられるイメージから光は出ているのか、を描きました。見て感じて下さい。

Y:準備期間はどれくらいでしたか?また、特に苦労したところは?

H:ギャラリーと話をしたのが7月頃なので、4ヶ月弱です。
開催時期が直前に1週間早まった事と、DMのデザイン。
始め作品そのものを使おうとしたが、イメージを限定してしまいそうなので、作品の細部のアップに刷り直した。


賑やかなオープニングパーティ

Y:星さんのHPを拝見したのですが、今までの作品と較べて、今回の展示作品はとても優しい色を使っているという印象を受けます。11月のベルリンの風景とは全く違う世界です。作品づくりにあたって、特に影響を与えたものはありますか?

H:日本での作品のテーマが「陰と光」だったのですが、ベルリンに来てモノを見る機能の「目」、目によって見える「モノ」と来て、今回は「光」そのものにテーマを絞りました。影響を与えた具体的な事柄はあまり浮かばないのですが、ベルリンでの生活や人とのコミュニケーションその他が色々な形をとって影響しているとは思います。

Y:ベルリンでの制作活動は、日本にいる時とどう違いますか?

H:当初自宅で制作していたのですが、天井の高さと壁の存在(日本だとあまり壁が壁としてない。収納とかの為)家賃の安さが大きな違いだと思います。今はTachlesで制作しているのですが、日本の大学に居たときのような集中的に出来る場所というのは日本では大学を出ると探すのが難しいと感じます。

Y:ベルリンに住んでいて一番困ることは?

H:ヴィザです。でもこれも明日には解決しそうですが。
後は普通に言葉です。画材や素材の名前、より多くの人とのコミュニケーションと言った面でまだまだ不十分だと感じます。
今は部屋探しです。



Y:作業をしながら聴いている音楽などはありますか?また、気分転換の方法は?

H:聴いてるのはテクノ系かフラメンコ系が多いかな。あまり詳しくはないですが、ノリの良いのが好きです。気分転換には音楽だとクラシックとか聴いたり、散歩したり、本読んだり人と話したりしています。あとぼーとしたり。

Y:今後もずっとベルリンで制作活動を続けたいと思いますか?その理由は?

H:あと2年位は居たいですね。ま、ヴィザやらなんやらにも依りますが。
拠点としてあちこちで展示したいので。安いし。
ベルリン好きですから。

Y:これからドイツに行きたいと考えている日本のアーティストに一言アドバイスをお願いします!

H:大した事は言えませんが。
色々考えるとは思いますが、取りあえず来てみると何とかなるかも知れません。ならなかったらその時考えてみるというのはどうでしょう。

Y:最後に(個展・作品などなんでも)一言お願いします。

H:新作揃いなので楽しめると良いなと思っています。DMに使われてた箇所は何処なのか、探してみて下さい。最短記録は25秒です。

インタビューにおつきあいいただき、ありがとうございました!
星さんのHP:http://satoshihoshi2006.ebo-shi.com/

ベルリンもしくはベルリン近郊にお住まいの方、12月1日までベルリンに来る予定の方、要チェックですよ!

星 智 個展[White Light]

場所
Galerie ZERO
Koepenicker Str.4
最寄り駅
U-1,15 Schlesisches Tor
期間
18.Nov.~01.Dec.2006
Mi-Fr 12-18Uhr、Sa12-20Uhr

後記:
今回の文化ニュースはいかがでしたか?皆様のご意見・ご感想・リクエストお待ちしております。
サッシャさんのご協力により実現しました、トーマス&パートナーズの芸術&文化ブログ、海外イベントやアーティストの活躍に目をつけている日本の企業の方々にも、きっと耳寄りな情報があるはず!これからもどうぞお楽しみに!

トーマス&パートナーズとは?

ベルリンの若手法律家、ラファエル・トーマスにより創立されたベルリンを活動拠点とするコンサルティング会社。NHKからの委託で番組制作、通訳などを行うほか、最近では黄金の20年代音楽で知られるドイツの国民的人気歌手、マックス・ラーべの日本初公演をオーガナイズした。日独アーティストや企業の海外活動のマネージメントから、2006年W杯関連の仕事まで幅広く請け負う。

URL: http://www.thomas-and-partners.de/(ブンデスリーガの最新情報が満載のメルマガも大好評!)

ドイツへの企業進出や公演活動などお考えの方、言葉や文化の壁に悩まずに、ぜひ弊社HPをご覧ください。ご連絡・ご相談お待ちしております!